学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

21
前のページ 次のページ

ナノ・原子レベル解析研究室

准教授/本間 智之

准教授本間 智之

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 人のために生活をして、己のために生活せざるを工学の本体とす
  • ナノ・原子レベル解析
  • 圧倒的成長

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

本間 智之 先生
本間先生は生徒の面倒見がよく、学生が社会に出て力を発揮できるようにするためのご指導を日々してくださります。また、飲み会が大好きで酔っ払っていつもは聞けない本音が聞けて面白い先生です。

研究内容

現在、修士の研究している材料はアルミニウム合金、チタン合金、水素吸蔵合金、熱電変換材料、ニッケル基超合金、そして氷があります。チタン合金の研究は、有名なTi-6Al-4V合金のような高強度材料を、低コスト化して実現することを目指しています。熱電変換材料は環境調和性型熱電変換材料に着手し、レニウムを添加した世界最高の熱電特性をもつ熱電変換材料を最先端の分析電子顕微鏡で解析することで熱電特性との因果関係を明らかにし、クリーンで優れた熱電変換材料の開発を目指しています。

クリックで拡大します

電解放出型透過型電子顕微鏡

研究室の一日

学部生は9:00~18:00程度に、修士生は最低8時間を目処に研究を行います。朝ゼミは無く、週2回の進捗報告があり、修士生はプレゼン資料を英語で作成します(英語での発表も大歓迎)。良くも悪くも面倒見のよい先生のため、たびたび学生居室や実験室に来て生徒の様子を伺います。また、先生と一緒に昼食をとり、研究の話し合いをすることも時々あります。
研究室のイベントとしては花見や長岡大花火、各種飲み会等があり、本間先生も積極的に参加します。

クリックで拡大します

透過型電子顕微鏡を用いた、MnSi1.73熱電材料のナノ・原子レベル構造解析

修論・卒論テーマ

  • (修)量子設計に基づくマグネシウム合金基水素吸蔵合金の作製
  • (修)X線小角散乱法を用いた人工氷中のシリカの定量解析技術の構築
  • (修)ナノ・メゾスケールで組織制御したCoSi熱電材料の高効率化
  • (修)時効硬化型生体用チタン合金の時効析出過程に及ぼす酸素添加量の影響

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • アーレスティ
  • 住友電気工業
  • マツダ
  • 大同特殊鋼
  • アイホン
  • YKK AP
  • 日立金属
  • ツガミ
  • アクシスマテリア
機械創造工学専攻 M1 片山 晃太郎(長岡高専 専攻科出身)