学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

10
前のページ 次のページ

半導体工学研究室

教授/安井 寛治

教授安井 寛治

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 触媒反応で省資源・省エネルギー!
  • ナノスケール!成膜プロセス!測定分析!
  • 研究も遊びも手を抜かない!!

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

安井 寛治 先生
安井先生は今後の産業発展に必要不可欠な研究資源問題の無い低コストの電子デバイスの作製技術、触媒反応を用いた新しい電子材料について研究されてきました。普段はフレンドリーに、時に厳しく指導するメリハリのある先生です。

研究内容

本研究室は4つのグループに分かれて研究に取り組んでいます。
1. 量子ドット…次世代の光デバイスへの応用が期待されるGe量子ドットを、超高真空技術を用いたガスソースMBE法により作製します。原子レベルの分解能を有する顕微鏡を用いるナノスケールの研究です。
2. 酸化物半導体…透明導電膜や紫外発光デバイスへの応用が期待されるZnO。白金ナノ粒子を担持した触媒を作製し、この触媒作用により作り出した酸素源を用いて作製します。

クリックで拡大します

クリーンルームでの実験風景

研究室の一日

安井研究室では各自自分の計画に基づいて研究を行っています。コアタイムはないので朝9時頃から人が集まりだし、それぞれのペースで研究を進めています。
また、実験中心の研究室なので装置に向かっている割合が多いのが特徴です。実験装置のほかに分析・測定装置も多くあり、メンバーで協力し合いながら研究を進めています。やりたいことが色々できる雰囲気なので、研究に限らず、各々が好きなことを伸ばしていける良い環境だと思います。研究終わりにはメンバーでラーメンを食べに行ったり、仲も良い研究室です。

クリックで拡大します

研究室風景

修論・卒論テーマ

  • (修)触媒反応CVD法による非極性ZnO膜の結晶膜の成長とその特性評価
  • (修)フォトニック結晶構造を用いた高効率量子ドット面発光デバイスに関する研究

博士後期課程修了者数 4名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 東京精密
  • 日野自動車
  • 京葉ガス
  • マコー
  • 日立化成
  • 三菱電機
電気電子情報工学専攻 M1 小野 翔太郎(仙台高専出身)