学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

25
前のページ 次のページ

空間映像メディア研究室

准教授/圓道 知博

准教授圓道 知博

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 面白いモノ を研究する
  • 映像メディアによって、人とコンピュータと3次元空間とをつなげる
  • 百聞は一見にしかず。実機を製作してデモしよう!

うちの先生

クリックで拡大します

圓道 知博 先生
圓道先生は研究のこと、それ以外のこと、何でも気軽に話せるとても親しみやすい先生です。研究でつまづいたりしても解決策を提案してくださったり、軌道に乗るまで手助けしてくださったり、親身に対応して頂けます。

研究内容

本研究室では主に以下の3つの分野の研究を行っています。
・3Dディスプレイ
多人数が裸眼で見ることができる3Dディスプレイを提案しており、加えてディスプレイに透過性を持たせることで実際にある物と重ねて表示することも実現しています。
・可視光通信
目に見える光を用いた無線通信技術で、車載カメラと信号機間や、スマートフォンと電光掲示板間の通信を行うシステムを提案しています。
・ヘッドアップディスプレイ
運転支援システムの1つで、人の目に違和感なく情報を伝えられるようなシステムを提案しています。

クリックで拡大します

デモ風景です。自分たちで実機を作って、実際に動かします!

研究室の一日

本研究室はコアタイムの設定がなく、各自がスケジュールを立て研究を行っております。ゼミは修士の学生が週3回(修士ゼミ・グループゼミ・英語ゼミ)、学部の学生が週2回(グループゼミ・英語ゼミ)各々の研究の成果や今後の方向性などを議論しています。
研究後はよく皆で食事に行ったり、イベント毎に飲み会があったりして親睦を深めています。そのため上下関係、横の関係ともに仲の良い研究室です。
研究室以外での活動はもちろん自由で、各々がサークルやバイトなど好きな時間の使い方をしています。

クリックで拡大します

研究の様子。メンバーにはそれぞれPCと机が割り当てられます

修論・卒論テーマ

  • (修)イメージセンサ通信における送信機像位置のサブピクセル推定法の研究
  • (修)高速撮影方向制御を実現するコンピューテーショナルカメラの研究
  • (修)実物体への重畳表示を実現する透明3Dディスプレイの研究

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 本田技研工業
  • 村田製作所
  • キヤノンイメージングシステムズ
  • 八千代工業
  • 良電社
  • 日本精機
  • アズビル
  • PFU
  • 日立ソリューションズ
  • アルファシステムズ
  • ジェイマックソフト
  • 日立ハイテクソリューションズ
  • 日野自動車
電気電子情報工学専攻 M1 梶本 雅弘(奈良高専出身)