学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

26
前のページ 次のページ

非線形システム工学研究室

准教授/坪根 正

准教授坪根 正

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 非線形ダイナミクスをキーワードに複雑な問題を科学する!
  • 回路やロボットから最適化問題まで、様々なモノを標的に活動中!
  • キャッチフレーズは「オイリー&ボリューミー!」

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

坪根 正 先生
学生に誠実に接してくれて、学生の希望を第一に考えてくれる先生です。研究・プライベート共にアグレッシブに活動しています。サッカーが大好きで、アルビレックス新潟の大ファンです。興味のある人は話題を振ってみるといいでしょう。

研究内容

私たちの周りには線形システムには見られない、一見ランダムに見える複雑な現象が溢れています。本研究室ではその複雑な現象を「非線形ダイナミクス」で考え、何が起こっているか解析し、何をすれば制御できるか研究し、その成果を工学的に役立てようとしています。具体的には非線形回路で見られるカオスと呼ばれる現象や、カオスを利用した最適化手法などを研究しています。このように、従来に多く利用される線形理論では扱えない複雑な問題を正面から取り扱い、これまでにないパラダイムの創生を目指しています。

クリックで拡大します

回路実験の様子

研究室の一日

本研究室ではコアタイムを設けていないため、学生個人の都合の良い時間に研究をすることができます。研究の進捗の確認には月に1度の全体報告会を設けており、研究室のメンバーと議論を交わすことでお互いに切磋琢磨して研究を進めています。個別報告会は随時行うことができ、研究の進捗に合わせて先生と相談できるのはこの研究室の大きな特徴です。研究以外では、旅行・BBQ・ソフトボール・マラソンなど、みんなで遊ぶ非常に仲の良い研究室です。研究と遊びのメリハリある充実した学生生活を送ることができます。

クリックで拡大します

国際会議での発表

修論・卒論テーマ

  • (修)ヒステリシス素子で結合されたリミットサイクル発振器に見られる非線形現象に関する研究
  • (修)A study of phase synchronization control of chaotic oscillators and coupled chaotic maps
  • (修)梯子型に結合された区分定数発振器の同期現象と位相反転波動
  • (修)Arnold Tongues in an Autonomous Piecewise-linear Oscillator
  • (博)非線形力学系に基づく多点探索型最適化手法に関する研究

博士後期課程修了者数 1名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • ツインバード工業
  • パイオニア
  • ルネサス システムデザイン
  • NTTデータ ウェーブ
  • トラスト・テック
  • アドソル日進
  • セントラル警備保障
  • マツダ
  • 沖電気工業
  • 横浜ゴム
  • NTTデータ・アイ
  • NTT東日本
  • JR東日本
  • クレスコ
  • NECソフト
  • 森永エンジニアリング
  • 鉄道情報システム
  • 日立電子サービス
電気電子情報工学専攻 M1 長谷川 敦史(長野高専出身)