学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

15
前のページ 次のページ

バイオサステナブル環境材料工学研究室

教授/小林 高臣  助教/Siriporn Taokaew

教授小林 高臣

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教Siriporn Taokaew

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • Sustainability 持続可能性!
  • バイオマスの有効利用と環境分野への貢献!
  • International Laboratory !

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

小林 高臣 先生
小林先生は、学生との関わりや指導を非常に大事にしている先生です。普段から研究室に足を運び、研究指導を熱心に行ってくれます。週1回のゼミでは、学生とのディスカッションを通じ、学生が気付かない部分まで的確に助言をくれます。

研究内容

小林研は「Biomass to Sustainability (バイオマスと持続可能性を工学分野へ)」をテーマに、有機・無機材料を利用した医療、環境浄化、電子電機分野への機能性材料開発とその応用を行っています。具体的には、重金属吸着能力を有する分離膜、繊維などの環境浄化材料、植物などの廃棄物を再生した原料のバイオポリマーなどのバイオ・医療用材料、次世代電気・電子産業の根幹技術となり得るエレクトロ二クスデバイス材料、音・光による外部刺激を用いてバイオマス材料の機能発現解明と制御を目指すソノプロセス工学に焦点を当てています。

クリックで拡大します

本研究室で色落ち海苔から抽出精製した保湿成分“ポルフィラン”を配合した化粧品

研究室の一日

小林研はコアタイムのない自由な研究室です。朝に実験を行う生徒や、昼に来て夜に実験を行う生徒など、研究スタイルは人それぞれ。研究室の1/3が留学生と、国際色の強いのが特徴であり、実務訓練においても海外留学先に幅広い選択肢があります。ゼミは週1回で、今後の展望について全員で意見を出し合います。研究のテーマが多岐に渡っているため、自身のテーマだけでなく異なる分野のテーマについても話し合うことで、個人のスキルアップに繋がります。自由で楽しい研究生活を送りたい方におすすめの研究室です。

クリックで拡大します

繊維型セシウム除去用吸着剤(実際に福島にて除染現場で利用されています)

修論・卒論テーマ

  • (修)ヒアルロン酸等の水溶性多糖類の粘性に及ぼす超音波効果
  • (修)サーファクタントフリー乳化プロセスによる親水性デキストラン微粒子ゲルの創製
  • (修)超音波を利用した導電性ポリアニリンナノパウダーの作製とその特性評価
  • (博)蛍光プローブ法を用いた超音波場の評価
  • (博)サトウキビ廃棄物由来の再生セルロースを用いたハイドロゲルフィルムの創成とその生体適合性評価に関する研究

博士後期課程修了者数 20名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 日東電工
  • 王子製紙
  • 信越化学
  • 日本ゼオン
  • YKK
  • ユニ・チャーム
  • 富士電機
  • ダイキン工業
  • 水ing
  • 凸版印刷
  • アサヌマコーポレーション
  • 山崎製パン
  • 高砂熱学工業
  • ダウ・ケミカル日本
  • 日本ペイント
  • カイジョ—
  • テルモ
  • 東レバッテリーセパレータフィルム
技学科学イノベーション専攻 GD2 中島 里紗(高知高専出身)