7
前のページ 次のページ

水圏防災工学研究室

教授/細山田 得三  助教/犬飼 直之  技術専門職員/山本 浩

教授細山田 得三

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教犬飼 直之

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

技術専門職員山本 浩

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 水環境の予測や解析の再現
  • 個人の希望や意向の実現
  • 将来の夢や展望の構想

うちの先生

クリックで拡大します

細山田 得三 先生・犬飼 直之 先生
水圏防災工学研究室には細山田先生と犬飼直之先生の二名の先生がいます。お二人とも学生の自由を尊重してくれる方なので、のびのびとした環境で研究を行うことができます。細山田先生はわかりやすい講義をしてくださる先生で学生の立場を考えてくれる先生です。犬飼先生はダイビングが趣味で、現地調査のときなどは率先して海に入っていくアクティブな先生です。

研究内容

水圏防災工学研究室では水の力や動きに関する研究を行っています。具体的には、津波・高潮・海洋拡散・海岸侵食・越波・塩害・離岸流などの海岸工学の分野や洪水氾濫・内水氾濫・河口密度流・河口砂州のフラッシュ・河川流などの河川工学の分野などに取り組んでいます。
また、津波の際の避難行動に関してシミュレーションをつくる研究を行っている人もいます。河川環境における水温問題に関してもモデルを作り解析を行っている人もいます。
このように水辺に関わる様々な分野に関して意欲的に研究に取り組んでいます。

クリックで拡大します

離岸流調査の様子です。海に染料を流して流れを観察します

研究室の一日

水圏防災工学研究室はコアタイムなどの決まりがないため、自由な時間に研究室へ来ます。研究室内では、ゼミの準備を進める人や、研究課題を相談し協力して取り組んでいる人がいます。
水圏防災研究室の長所はフレンドリーであることです。研究室で食事に行くこともあり皆仲が良いです。先生は自由時間を尊重してくれるので研究と私生活の両立が出来る研究室でもあります。
行事は新入生歓迎会やバーベキュー、忘年会などがあります。先生や学生といった垣根を超えて皆で楽しく交友を深めています。

クリックで拡大します

15mの造波水路です。波を起こして水の挙動を見ることができます

修論・卒論テーマ

  • (修)波浪条件の変化による内灘海岸における離岸流の発生間隔の変化についての研究
  • (修)離岸堤付近で発生する離岸流の流況に関する研究
  • (修)地形および波浪条件の変化による砂浜を遡上する波浪の挙動変化についての研究
  • (修)津波発源域の水面挙動および沿岸域到達時の水位変動に関する研究
  • (修)人工社会モデルの津波災害時の避難に対する運用方法の開発

博士後期課程修了者数 6名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • JR東日本
  • JR東海
  • 五洋建設
  • 本間組
  • 新潟県庁
  • 千葉県庁
  • 長岡市役所
  • エコー
  • 福田水文センター
環境社会基盤工学専攻 M2 増山 亮輔(群馬高専出身)