学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

9
前のページ 次のページ

防災・復興システム学研究室―環境リモートセンシング分野―

准教授/高橋 一義  准教授/松田 曜子  助手/坂田 健太

准教授高橋 一義

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

准教授松田 曜子

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助手坂田 健太

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 衛星観測情報を駆使して、世界の農地や森林を把握・分析する
  • 災害に強く暮らしやすいまちをつくる
  • 衛星観測と現地調査の合わせ技

うちの先生

クリックで拡大します

高橋 一義 先生・松田 曜子 先生・坂田 健太 先生
本研究室には3人の先生がいます。高橋一義先生と坂田健太先生はリモートセンシング、松田曜子先生は地域防災の研究をしています。リモートセンシングや防災について初めて学ぶ人にも丁寧に教えてくれて、質問や相談がしやすい先生方です。

研究内容

リモートセンシングとは、森林、都市など地表面から反射または放射される電磁波を、人工衛星や航空機などに搭載したセンサで観測し、地表面の状態を広域にわたって調査・把握する技術です。
本研究室では、農業・森林・災害・資源等の分野でリモートセンシング技術を活用する研究を行っています。農業・森林分野では、航空機・ドローンや地上観測したレーザスキャナデータを用いて水稲や樹木の生育状態の把握しています。防災分野では、地域の特色に合わせた防災に取り組む研究をしています。

クリックで拡大します

水稲を計測するレーザスキャナを搭載したドローンです。自分たちで操作して計測データを集めます。

研究室の一日

本研究室では週に数回の進捗ゼミを行っています。進捗ゼミでは、各学生がおよそ1週間で行った研究の成果や進捗状況を先生方に報告するということを行っています。その研究成果は、土木学会や日本リモートセンシング学会等にて発表しています。リモートセンシングと聞くと、データ解析といったデスクワークが中心と思われがちですが、現地調査等のフィールドワークも行っています。
研究のほかに、イベントとして春は花見、夏は花火大会、秋はB4実務壮行会や留学生を送る会、冬は卒業生を送る会等があり
ます。

クリックで拡大します

ゼミの様子です。衛星データから抽出した情報をみんなで共有します。

修論・卒論テーマ

  • (卒)地域における局所的水害対策の立ち上げの経緯に関する研究
  • (修)UAV-SfM手法により生成した多時期三次元点群データを用いた樹種判別手法の検討
  • (修)PALSAR-2データを用いた市街地を含む洪水浸水域把握手法の検討
  • (修)時系列MODIS観測情報のノイズ低減処理による水稲の生育特性把握に関する検討
  • (修)画素内水田占有率を考慮したMODISによる高精度水田DVIの検討

博士後期課程修了者数 1名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • JR東日本
  • 東北電力
  • 海上保安庁
  • 日本海ガス
  • 富士通
  • 中日本航空
  • 大日本印刷
  • ウェザーニュース
  • トプコン
  • 新日鉄ソリューションズ
  • NTTデータ信越
  • ユニオンツール
  • 東京建設コンサルタント
  • 新興プランテック
  • 朝日工業社
  • JFEシステムズ
  • 日立パワーソリューションズ
  • 藤村ヒューム管
環境社会基盤工学専攻 M1 岩持 成郁(茨城高専出身)