9
前のページ 次のページ

防災・復興システム工学研究室―環境リモートセンシング分野―

准教授/高橋 一義  准教授/松田 曜子  助手/坂田 健太

准教授高橋 一義

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

准教授松田 曜子

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助手坂田 健太

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 災害に 負けない知恵で まちづくり
  • 衛星で 未来はだいたい みえてくる
  • 最新の 技術を駆使した ラジコンだ

うちの先生

クリックで拡大します

高橋 一義 先生・松田 曜子 先生・坂田 健太 先生
高橋先生と坂田先生はリモートセンシング、松田先生は地域防災の研究をしています。フィールドワークの多い研究分野ですが、どの先生も若く活動的でアグレッシブな先生方です!!

研究内容

リモートセンシング分野ではドローンや、人工衛星を使って、森林や農地を対象とした研究を行っています。具体的には新潟ということもあり稲作農業のために、レーザーや衛星センサを使って水稲の成長具合を観測したり、森林管理のための樹種判別を行っています。
防災分野では地域の特色に合わせた防災に取り組む研究をしており、去年はワークショップやアンケート調査を行いました。現在は水位計の少ない中小河川に水位計を取付ける取り組みを行っています。

クリックで拡大します

水稲を計測するレーザスキャナを搭載したドローンです。自分たちで操作して計測データを集めます

研究室の一日

リモートセンシング分野ではコアタイムは特にないので、各自のペースで研究を進めながら、週に数回進捗報告のゼミがあります。外に出てドローンを飛ばしたり、計測などをするフィールドワークもよく行います。
防災分野は去年から本格始動したため、決まり事があまり無いです。今年から少しづつ決めていこうと思います。研究は地域の方とワークショップを行う事があるので人とのコミュニケーションが得意だと良いと思います。
他にはみんなで花火大会や、歓送迎会、ゲリラ的にお好み焼きなど楽しいこともいっぱいです!

クリックで拡大します

みんなで刈り取ってきた稲の茎数を数えているところ

修論・卒論テーマ

  • (卒)ひまわり8号とTerra/Aqua MODISデータを利用した水田NDVIの季節変動抽出に関する検討
  • (修)UAV-LiDAR計測による水稲の草丈推定に関する研究
  • (修)樹冠表面形状情報を利用したUAV-SfMデータによる樹種判別手法の検討
  • (修)自治体調査及び先進事例調査に基づく県境地域の防災活動を活性化させる要因に関する研究
  • (修)災害の固有性を取り入れた防災ゲーム開発に向けた基礎的研究

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • JR東日本
  • 中日本航空
  • NTTデータ信越
  • JFEシステムズ
  • 東北電力
  • 大日本印刷
  • ユニオンツール
  • 日立パワーソリューションズ
  • 海上保安庁
  • ウェザーニュース
  • 東京建設コンサルタント
  • 藤村ヒューム管
  • トプコン
  • ナルサワコンサルタント
  • NEXCO東日本エンジニアリング
  • 第一建設工業
  • アークティック
  • 日本光電
環境社会基盤工学専攻 M1 影山 拓哉(木更津高専出身)