学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

7
前のページ 次のページ

経済活力研究室

教授/中村 幸一郎

教授中村 幸一郎

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 経済政策やイノベーション政策を学びたい!
  • 世の中の産業・技術動向に関心あり!
  • 自主的に勉強したい!

うちの先生

クリックで拡大します

中村 幸一郎 先生
中村先生はこれまで、経済産業省、産業技術総合研究所、日本貿易振興機構などで仕事をされてきました。学生への研究指導に非常に熱心な方で、学術論文の書き方や、効果的なプレゼンテーションの方法など熱心に指導してくださいます。

研究内容

非常に変化の早い現代の経済社会の中で、日本経済の安定的な成長を実現していくことは、私たちの豊かな生活を維持・向上していく上で重要です。私たちを取り巻く経済社会が活力を持って発展していくためには、どのようなことが必要か。その答えを探るために、この研究室では、経済社会の活力に影響を与えると思われる諸々の要因について、考察しながら活動しています。具体的には、産業・企業の活動と経済活力の関係、技術革新と経済活力の関係、経済産業政策や産業技術政策と経済活力の関係、などに関する研究を行います。

クリックで拡大します

経済社会の活力に影響を与える要因例

研究室の一日

私たちの研究室は、基本的に、週1回行われるゼミにむけて各自のペースで研究を進めます。そのゼミでは、全員が研究進捗を報告し、教員やゼミ生とディスカッションを行います。それにより、自分の研究だけでなく、他のゼミ生の研究についても理解を深めることができます。
ゼミの雰囲気は、各自が考えたことや思いついたことを自由に発信できる環境であり、常に新たな発見や気づきを得ることができます。

クリックで拡大します

ゼミの様子

修論・卒論テーマ

  • (卒)ゲームの社会的活動への活用に関する研究
  • (卒)パーソナル3Dプリンタの利用可能性
  • (卒)LEDの可能性に関する研究
  • (卒)海外スマホ企業の競争力分析を通じた我が国メーカのビジネス戦略の提案

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • アンカー
  • 大塚商会
  • スプリックス
情報・経営システム工学専攻 M1 飛田 浩貴(茨城高専出身)