1
次のページ

原子炉伝熱流動・安全技術研究室

教授/高瀬 和之

教授高瀬 和之

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 熱流動現象を明らかにする
  • 実験的・解析的に物理現象を再現する
  • 自由にのびのびと研究!

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

高瀬 和之 先生
高瀬先生は日本原子力研究開発機構から着任された先生で、原子炉の熱や流れに関して研究されてきました。気さくで優しく、親しみやすい先生で、研究などで行き詰った際にはいつも的確なアドバイスをしてくれます。

研究内容

本研究室では、原子力システムの安全性確保のために、主に熱流動分野に関する研究を行っており、研究テーマは多岐に亘ります。例を挙げると、炉心サブチャンネル内気液二相流挙動、過酷時安全システムの検証解析などです。原子炉内などの放射線環境では現象の確認は困難なため、私たちは、実験的・解析的両面から熱流動現象を再現しています。また、夏季休暇中などには日本原子力研究開発機構などの研究機関を訪れ、大型の実験装置を用いた実験やシミュレーションを行うことができ、新たな知見や刺激を得ることができます。

クリックで拡大します

実験データを取得・処理し、解析します。右下図は流路断面の気泡分布を示しています

研究室の一日

本研究室にはコアタイムがないため、各自の裁量で研究を進めることができ、週に一度あるゼミでは研究内容に関連する勉強会や研究報告を行っています。在籍している学生の学部時の専攻分野はさまざまです。原子力に関する知識を持っていなくても心配ありませんので、興味がありましたらぜひお話を聞きに来て下さい。また、研究室には留学生も在籍しているので英語を使う機会もあります。その他、原子力系研究室合同での花見、バーベキュー、忘年会などのイベントも充実しています。

クリックで拡大します

週に一度のゼミでは、各自の研究報告などが行われます

修論・卒論テーマ

  • (修)原子炉過渡時停滞水条件下における燃料棒周りボイドドリフト特性評価に関する研究
  • (修)炉心熱設計高度化のためのサブチャンネル内スペーサ周りの二相流特性評価に関する基礎研究
  • (修)放射性廃棄物長期保管容器内に発生する水素の挙動に及ぼす支配因子に関する数値解析的研究
  • (修)福島第一原子力発電所の廃炉加速化に寄与する放射性廃棄物長期保管容器の、水素濃度低減に関する実験計画策定と装置設計

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 原子燃料工業
  • 東芝
  • 東芝プラントシステム
  • 日本原子力研究開発機構
原子力システム安全工学専攻 M1 鈴木 陽太(愛媛大学出身)