学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

次のページ
1
電気電子情報工学 課程・専攻

モーションコントロール研究室

教授/大石 潔  准教授/横倉 勇希  助教/Tran Phuong Thao

教授大石 潔

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

准教授横倉 勇希

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教Tran Phuong Thao

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 制御l工学とパワーエレクトロニクスに基づくロボット・モーションコントロール・メカトロニクスの先端研究
  • 世界の最先端を走る実用的なモーションコントロール技術を研究室から発信せよ!
  • 集中して研究し、楽しむときは楽しむ!

うちの先生

大石 潔 先生・横倉 勇希 先生
大石先生と横倉先生は明るく元気で、研究の相談も親身に対応してくださります。専門はお二人とも制御とロボティクスです。大石先生の好きなスポーツは野球で、日本のプロ野球球団の中では中日ドラゴンズのファンです。

研究内容

モーションコントロールとは「動きを制御する」ことで、産業用ロボット、自動車、モータなどの中核技術として大きな役割を担っています。本研究室では「制御」という学問の観点から、ロボット、自動車、モータドライブシステムなどを対象として実用的な、「動きを制御する」研究をしています。研究は理論検証・解析のためMATLABやPSIMを用いたシミュレーション、理論の有効性・妥当性を確認するための実機実験、成果発表を基本としています。企業との共同研究も多く、研究が直接社会に生かされる機会も多くあります。

ロボットアーム先端における振動抑制制御

研究室の一日

本研究室は9:30~17:30をコアタイムとして研究しています。
9:30 諸連絡を共有する朝礼。研究のやる気を高めます。
9:30~ 情報収集・勉強、シミュレーション、実機実験、成果発表準備など、各人で研究。学部3年は基礎学習が主で段々と自分の研究テーマに打ち込みます。12:00ごろには昼休憩として、学食へ繰り出します。
17:30~ 夕食。夕食後は帰る人、残って研究する人等さまざまです。
この他にもソフトボール大会への参加、長岡大花火大会の鑑賞会、技大祭への出店、研究室旅行、各種コンパなどイベントが数多くあります。

実験風景

修論・卒論テーマ

  • (修)負荷側加速度に基づくプラントシステムの単純化による産業用ロボットの広帯域力制御
  • (修)複数軸干渉を考慮したFDTDオブザーバを用いた振動抑制制御に関する研究
  • (修)制御平衡点移動によるタイバー温調付き射出成形機の高速な力覚バランス制御
  • (修)SPMモータの静止摩擦を利用した初期位置と温度の推定法に関する研究
  • (博)The Back-Forward Drivable Torsion Torque Control of Two-Inertia System For Environment Interaction

博士後期課程
修了者数

18

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 三菱電機
  • 安川電機
  • ファナック
  • マツダ
  • 三菱自動車
  • 不二越
  • 住友重機械工業
  • オリエンタルモーター
  • TMEIC
  • 東芝
  • ダイキン工業
  • 東洋電機製造
  • 山洋電機
  • デンソー
  • 新日鉄
技術科学イノベーション専攻 小林 勇斗(木更津高専 出身)