学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
15
物質材料工学 課程・専攻

エネルギー材料科学研究室

准教授/白仁田 沙代子

准教授白仁田 沙代子

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 化学エネルギーの有効利用
  • エネルギーの安定貯蔵
  • 長期間安全に使えるリチウムイオン二次電池

うちの先生

白仁田 沙代子 先生
白仁田先生は、産学連携の研究を行いながらも、実験方法の検討や今後の研究方針など、丁寧にディスカッションを行い指導してくださいます。また、学生との距離が近く、困ったときに相談しやすい先生です。

研究内容

化学エネルギーの安定貯蔵を目指す場合、化学物質が反応しない材料が必要となります。当研究室ではステンレス鋼の高安定化を目標として、窒素熱処理やスパッタリングを利用した表面処理を行い、電気化学測定による評価によって最適条件を見つける研究を行っています。
また、リチウムイオン二次電池の研究では、作動温度領域外における熱的安定性や安全性の調査、電池の劣化メカニズムの解析を目的として電気化学測定や熱暴走試験を用いた研究を行っています。

走査型断熱式熱量計(ARC)を使用した電池熱暴走試験のセッティング

研究室の一日

当研究室には英語論文を読んで、勉強して紹介する英ゼミと研究進捗を報告を行う全ゼミが毎週あり、研究室のメンバーや先生とディスカッションして知識を深めます。研究計画は先生とミーティングを行い、方針を決めます。また、コロナ禍によって現在は実施できていませんが、例年は二週間に一回の昼食会もあり、研究室全員が集まって食事をしながら様々な連絡や情報交換を行います。学生たちは先輩後輩関係なく仲が良く交流を深めています。

長岡まつり大花火大会では毎年花火鑑賞会を行います(2019年)

修論・卒論テーマ

  • (修)ステンレス鋼のアドバンス窒素熱処理による高耐食化メカニズム解析

博士後期課程
修了者数

0

こんな研究機関、企業に就職しました

  • AGC㈱
  • 日本ケミコン㈱
  • ダイニチ工業㈱
  • 北越メタル㈱
物質材料工学専攻 上村 直也(長岡高専 出身)