学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ
13
環境社会基盤工学 課程・専攻

資源エネルギー循環工学研究室

准教授/小松 俊哉  准教授/姫野 修司

准教授小松 俊哉

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

准教授姫野 修司

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 未利用資源・エネルギーを活用した循環型社会の構築
  • 豊かな水環境の創成
  • 環境技術の社会実装

うちの先生

小松 俊哉 先生・姫野 修司 先生
小松先生は、バイオマスや水環境の研究を中心に行っています。姫野先生は下水道資源やガス分離膜の研究を中心に企業との共同研究も多く行っています。両先生にはご多忙の中、多くの時間を割いて活発にご指導頂いております。

研究内容

当研究室の現在の主な研究テーマは、「バイオマスのメタン発酵」「汚泥前処理技術の開発」「高機能ガス分離膜の開発」「下水道における未利用資源の利活用」になります。これらは全て下水道に関連し相互に研究内容が繋がっていることが特徴です。また、学内における基礎研究だけでなく、実用化に向けて実際の環境現場でのフィールド研究が多いのも特徴です。写真は開発したガス分離膜(チューブ状の支持体と表面を覆うゼオライト結晶)です。高い分離能の発現を確認しており、更なる高性能化を目指しています。

開発した高性能ガス分離膜

研究室の一日

私たちの研究室では研究計画を各自で指導教員と相談して決定し、テーマに関する実験を学内や学外で行っています。写真は、下水資源を活用した植物栽培の実験設備で、本テーマの学生の研究フィールドになります。週1回のゼミでは担当学生が研究の進捗状況を報告し、研究室全体で活発な意見交換を行っています。企業との共同研究も多く、学外の方との打合せや資料作成を行う機会もあります。学部4年生は、前期は全研究テーマに関する講義や実験を行い課題研究や大学院での研究テーマ選択に活かしています。

下水処理場に設置した植物栽培の実験設備

修論・卒論テーマ

  • (卒)下水汚泥の集約・共同処理による事業性改善評価
  • (修)Al含有ゼオライトCO2/N2分離膜の開発
  • (修)下水道未利用資源を活用した植物栽培環境の構築
  • (修)下水汚泥の嫌気性消化におけるオゾン前処理およびエネルギー評価
  • (博)DDR型ゼオライトを用いた高性能ガス分離膜の精製

博士後期課程
修了者数

2

こんな研究機関、企業に就職しました

  • (株)日水コン
  • (株)NJS
  • (株)極東技工コンサルタント
  • 三菱重工業(株)
  • 三機工業(株)
  • (株)高砂熱学工業
  • (株)栗本鐵工所
  • (株)大原鉄工所
  • (株)植木組
  • アズビル(株)
  • (株)協和エクシオ
  • ゼニス羽田(株)
  • (株)テプコシステムズ
環境社会基盤工学専攻 鈴木 陸馬(東京都立産業技術高専 出身)