学生が書いた 研究室ガイドブック 2023長岡技術科学大学

次のページ
1

実験心理学研究室

准教授/秋元 頼孝

准教授秋元 頼孝

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 心と脳の情報処理の仕組みを実験(Experiment)で調べてみよう!
  • 人間の日々の社会生活のすべてが研究対象!
  • 成功も失敗も大切な経験(Experience)!

うちの先生

秋元 頼孝 先生
普段は優しく、時には熱心に指導をしてくださるメリハリのある先生です。学生の疑問に親身になって一緒に議論してくれるので、研究室内には些細なことでも相談しやすい環境が生まれています。

研究内容

この研究室では、人間の認知活動を情報処理システムとみなし、その処理過程を理解することを目的として研究を行っています。研究の際には、主に簡易脳波計などによって計測した客観的評価や、アンケート等を用いて収集した主観的評価を分析し、人間の認知活動を評価しています。心理学と聞くと文系のイメージが強いかもしれませんが、これらの研究では、脳波データの解析や、アンケートの統計処理といった部分で理系の知識も必要になってきます。データ収集から解析、評価に至るまでの間、その方法や内容について教員と学生の間で議論を行いながら、研究を行っています。

脳波実験の様子

研究室の一日

基本的にコアタイムはなく、学生一人一人がそれぞれ興味関心のあるテーマについて主体的に取り組みながら研究を行っています。学年の上下に関係なく、わからないところをお互いに教え合いながら研究を進めています。週一回行われる研究室のゼミでは、英語論文を一緒に読み進めたり、主にPythonを用いた実験プログラム作成・データ解析のための勉強会を開いたりしています。また、メンバー間の情報交換や相談のほか、学会直前には発表練習も行っています。他の研究室との交流も盛んで、研究室内のゼミに加えて、知覚情報科学研究室との共同ゼミを週に一回行っています。共同ゼミでは異なる視点からの指摘や意見も多く、自分の研究において足りない部分や、思いもよらない部分に気付くことも多いです。FITを始めとした学会発表に参加できる機会も多く、自分の研究を見直す場となり、モチベーションを維持することにもつながっています。

脳波データの時間周波数解析結果

修論・卒論テーマ

  • (卒)簡易脳波計を用いた対乳児発話産出の脳活動の計測
  • (卒)簡易脳波計による計算課題中の脳活動計測
  • (卒)複数回のピアノ演奏課題実施によるパフォーマンスの変化

博士後期課程
修了者数

0

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 長岡信用金庫
情報・経営システム工学課程 渡邊 怜(新潟県立小千谷高等学校 出身)