学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

8
前のページ 次のページ

生産加工工学研究室

教授/田辺 郁男  技術職員/高橋 智

教授田辺 郁男

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

技術職員高橋 智

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 作業者になるな、自分で考えろ!!
  • センスが大事!!
  • 日本のものづくりは私たちが救う!

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

田辺 郁男 先生
田辺先生は研究のアドバイスはもちろん、人に伝わりやすい話し方やテクニックなど社会に出てから役に立つ様々なことを教えてくれます。田辺先生のユニークな発想がものづくりにおける様々な場面で貢献しています。

研究内容

私たちの研究室では、材料加工に関する生産性の向上、品質工学を用いたソフトウェアの開発など世の中のものづくりに役立つための研究を行っています。研究方法は大きく分けると実験中心の研究とデスクワーク中心の研究の2つがあります。実験中心の研究では、3D CADソフトSolid Worksを用いて実験装置の設計や有限要素法解析を行い、図面を元に工作センターで製作し、実験や評価を行います。デスクワーク中心の研究ではC言語を用いたプログラミング、ソフトウェアの開発や評価、確認実験などを行っています。

クリックで拡大します

難削材加工における高圧クーラントを用いた強制冷却技術

研究室の一日

朝ゼミや夕ゼミ、コアタイムは特にありません。そのため、自分のペースで研究計画を立てて、実験や評価などを行うことができます。自分で考えて自主的に研究を進めなければいけないため、それぞれが自分の予定に合わせて1日中研究したり、休んだり、メリハリをつけて研究を進めています。進捗報告は週1回程度、基本的に先生と1対1で行っています。これにより、次の実験計画を立てやすくなったり、自分が思った結果が得られなかったときはアドバイスをいただけたりと研究をスムーズに進めることが出来ます。

クリックで拡大します

リニアモータを利用したポリシング微細加工

修論・卒論テーマ

  • (修)難削材加工のための高圧クーラントを用いた新しい強制冷却技術の開発
  • (修)品質工学において容易に交互作用を検出するためのツールの開発
  • (修)熱不感機能を有する旋盤の開発(ニューラルネットワークの逆解法を用いた制御)

博士後期課程修了者数 9名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 不二越
  • リケン
  • ヤマザキマザック
  • 森精機製作所
  • 高松機械工業
  • 牧野フライス
  • 太陽工機
  • ダイニチ
  • 三菱電機
  • ナカニシ
  • 会津オリンパス
機械創造工学専攻 M1 熊井 達也(長野県松本工業高校出身)