学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

18
前のページ 次のページ

先端軽金属材料研究室

教授/鎌土 重晴  助教/徐 超  助教/中田 大貴

教授鎌土 重晴

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教徐 超

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧

助教中田 大貴

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 鉄の25%!超軽量なマグネシウム
  • モノづくりから"評価・解析"まで、一貫した研究開発
  • 興味を持ったら行動! 好きなときに、好きなことを

うちの先生

クリックで拡大します

鎌土 重晴 先生
気さくで、優しい先生です。学生部屋に居るときや飲み会では、学生と談笑します。研究内容・結果に対しては妥協せず、厳しい指摘を受けることもありますが、壁にぶつかったときには、親身になって相談を受けてくれます。

研究内容

マグネシウムは、構造用の金属材料の中で、最も軽い金属材料です(密度:鉄の25%、アルミニウムの67%)。近年、輸送機器に軽量化が求められ、超軽量なマグネシウムは、国内外で注目を集めています。本研究室では、超軽量なマグネシウムの実用化を目指して、溶解・鋳造や展伸加工などの“モノづくり”はもちろん、その後の“評価・解析”まで行います。さらに、マグネシウムの実用化を目指した国家プロジェクトや企業との共同研究先にも選ばれるなど、実用化に近いところで、責任を持って研究に専念できます。

クリックで拡大します

新しく開発した押出し用マグネシウム合金の利用例(新幹線のダブルスキン構体)

研究室の一日

自由な研究室です。コアタイムは無く、研究室に来る時間も個人に任せています。さらに、マグネシウムの溶解・鋳造やプレス機・圧延機などの“モノづくり”に特化した装置から、“評価・解析”用の顕微鏡類など、多くの実験機器があるため、思いついたことは、いつでも・すぐに実行できます。自由とはいえ、ゼミ(2週間に1回)の時に、自分の出したデータに関する理解が無いと、厳しい指摘を受けます。ただ、このような指摘も、自分に足りない部分を知ることが出来、研究の進め方を見直す良い機会となります。

クリックで拡大します

学内ソフトボール大会の一場面。研究以外にも真剣に取り組みます

修論・卒論テーマ

  • (修)輸送機器向け高強度・高延性圧延用マグネシウム合金の開発
  • (修)高速押出し用汎用熱処理型マグネシウム合金の高強度・高延性化
  • (修)優れたダイカスト性と耐熱性を備えた汎用マグネシウム合金の開発
  • (修)高強度・耐熱マグネシウム合金の開発

博士後期課程修了者数 12名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 日立ハイテクサイエンス
  • 日立工機
  • 日立金属
  • 東陽理化学研究所
  • ダイキン
  • シンフォニア
  • 日本金属
  • タダノ
  • 住友電気工業
  • 大同特殊鋼
  • アーレスティ
  • 太陽工機
  • 川崎重工業
  • 日本金属
  • 神戸製鋼所
  • 日立製作所
  • 黒田精工
  • スズキ
機械創造工学専攻 助教 中田 大貴(阿南高専出身)