13
前のページ 次のページ

光物性・テラヘルツ工学研究室

准教授/加藤 有行

准教授加藤 有行

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 光る材料づくり!
  • レーザーやLEDなどあらゆる光デバイスへの応用!
  • キャンパスライフと研究活動の両立!

うちの先生

クリックで拡大します

加藤 有行 先生
京都出身の光物性のエキスパートで、鋭い視点で研究活動を導いてくれる先生です。気さくで話しやすく、研究室のイベントにも積極的に参加する研究室のお父さん的存在です。相談にも親身に乗ってくださり、いつもお世話になっています。

研究内容

加藤研究室は、主に蛍光体という発光材料の作製及び応用を行っています。蛍光体はLEDなど近年目まぐるしい進展を遂げている発光デバイスへの応用として注目されています。作製する蛍光体によって発光効率や発光色などの性能が変わるため、間接的に発光デバイスの性能を左右する技術ともいえます。研究活動については、様々な方法で蛍光体を作製し、さらにその蛍光体の性能を評価するところまで幅広く行っています。その中でも、自分で作った蛍光体が実際に光るところを見れるのが一番の魅力です。

クリックで拡大します

本研究室で作製した蛍光体

研究室の一日

毎週の論文ゼミや隔週の研究報告を行っており、それ以外の時間は研究やサークル活動など自由に使っています。朝から夕方、または夕方から夜遅くまでいる人など、ライフスタイルは様々です。研究についてはあまり咎められませんが、手痛いしっぺ返しもありますしスケジュール管理は重要になります。また先生がほぼ毎日顔を出してくださるので、相談しながら円滑に研究を進めることが出来ます。
研究以外では内富研と合同で花見や球技大会、花火などに参加しており、親睦を深める機会も多く、賑やかな研究室です。

クリックで拡大します

蛍光体の特性を調べる分光装置

修論・卒論テーマ

  • (卒)Sr₂SiO₄:Eu蛍光体の発光の温度及びEu濃度依存性
  • (修)白色LEDの応用のための希土類を用いない有機-無機ハイブリッド蛍光体の合成と評価
  • (修)Bi及び希土類を共添加したYVO₄蛍光体における発光の濃度及び温度依存性
  • (修)Y₂WO₆:Euナノロッド蛍光体の発光特性及び形態のEu濃度依存性

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 東京電力
  • パナソニック
  • 大日本印刷
  • 日亜化学工業
  • 日立金属
  • オムロン
  • マブチモーター
  • ローム
  • 日立化成
  • 日立国際電気
  • 半導体エネルギー研究所
  • 東芝ホームテクノ
  • 堀場製作所
  • 渡辺電気工業
  • 日立プライアンス
  • 浜松ホトニクス
  • 村田製作所
  • スタンレー電気
電気電子情報工学専攻 M2 長谷川 耕介(新潟市立万代高校出身)