学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

1
次のページ

光・電子セラミックス研究室

教授/齊藤 秀俊  助教/小松 啓志

教授齊藤 秀俊

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧

助教小松 啓志

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 材料に対する鋭い洞察力を養い幅広い知識を得てその先の未来へ
  • 完成度の高い材料合成と高度な解析能力を身につけその先の未来へ
  • 金属酸化物膜・DLC膜・多孔質炭素材料の分野に新たな息吹を入れる

うちの先生

クリックで拡大します

齊藤 秀俊 先生
齊藤先生は、幅広い研究分野を生かした多面的な観点からの的確なアドバイスで時に厳しく時に優しく学生たちを手助けしてくれます。また、水難学会の会長として、世界の水難救助現場に「Uitemate(ういてまて)」という考えを普及しています。

研究内容

本研究室では、大気開放型化学気相析出(CVD)法や金属錯体を用いたフレームデポジション法など独自の技術を利用した様々な金属酸化物膜の合成と評価、多様で複雑な構造を持つダイヤモンドライクカーボン(DLC)膜の合成と様々なアプローチでの構造解析および分類、廃棄物を原料にした多孔質炭素材料の合成と世界トップクラスのガス吸着特性・構造の評価といった、幅広い材料に関する研究に取り組んでいます。このほかにも本研究室で発見した世界初の材料・技術は数多くあり、今後も様々な研究成果を世界に発信していきます。

クリックで拡大します

研究室所有の走査型電子顕微鏡(SEM)の写真です。ほぼ毎日、試料の観察に使用しています

研究室の一日

私たちの研究室の1日は毎朝7時50分から朝ゼミが始まります。少し他の研究室よりもスタートは早いですが、コアタイムがないので、自分のペースで実験を進めることが出来ます。ゼミでは主に研究に関連する英語論文の討論や研究成果の報告を行っています。学生自身がスライドを作成して発表し、学生同士で質疑応答を行い問題解決につとめます。また、企業との共同研究や学会への参加を通して、学生は新たな見解を得ることが出来るとともに、聞き手に伝わりやすいプレゼンの手法を学ぶことができます。

クリックで拡大します

文部科学省の方が来訪したときの写真

修論・卒論テーマ

  • (修)EDTA溶液により合成したGd添加CeO₂膜のバリアコート
  • (修)ラマン分光法を用いたナノポーラスカーボンの吸着構造解析
  • (修)アモルファス炭素材料の糖吸着特性
  • (博)化学気相析出法で合成した薄膜の脱ガス特性
  • (博)アモルファス炭素の表面構造と水素吸蔵現象

博士後期課程修了者数 15名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 京葉ガス
  • 日本ケミコン
  • 後藤製作所
  • 日産自動車
  • 水澤化学
  • パナソニック
  • コバレントマテリアル
  • 日立製作所
  • 日東電工
  • 新潟県工業技術研究所
  • 三菱重工業
  • 東洋鋼板
  • 大日本スクリーン印刷
  • 不二越
  • NOK
  • 大河原製作所
  • 時田CVDシステムズ
  • CVDプロダクツ
技術科学イノベーション専攻 GD1 工藤 悠人(苫小牧高専出身)