3
前のページ 次のページ

光・磁性材料工学研究室

教授/石橋 隆幸  助教/西川 雅美

教授石橋 隆幸

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教西川 雅美

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 目で見えない磁場を可視化!
  • 世界一の磁石を目指して!
  • 究極の光でナノ領域の世界へ…

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

石橋 隆幸 先生
私達の指導教員である石橋先生は、とても優しく、明るい先生であり気軽に相談にできる親しみやすい先生です。研究に関しては、様々な助言をしてくださり、大変忙しいにも関わらず学生の問題に対して真摯に対応してくれます。

研究内容

光と磁気をキーワードに磁性材料に関する研究を大きく分けて3つのグループで行っています。
・磁性ガーネット薄膜を有機金属分解法を用いて作製し、その特性評価を行ったり、応用として磁場分布を可視化することができる磁気光学イメージングの研究も行っています。
・近接場光というナノサイズの光を用いて、ナノ領域の磁性体の評価を行う顕微鏡の開発しています。
・希土類を使わない性能の良い永久磁石材料を開発するため、有機金属分解法を用いて試料作製及び特性評価を行っています。

クリックで拡大します

磁場分布を可視化するMOイメージング装置

研究室の一日

石橋研では大きな研究テーマごとにグループで分かれ、実験を進めていきます。研究室のコアタイムは9時~17時です。毎週金曜日にはゼミが行われ、その週に行った研究について発表する週報や、研究に関する英語論文を分かりやすくまとめて皆に紹介する論文ゼミが行われます。学会に関しては国内はもちろんのこと、海外で開催される磁性関連の学会にも参加できる機会があり海外の研究者と交流ができたり最先端の研究について知ることができます。また、現地の料理や文化にも触れられる貴重な体験ができます。

クリックで拡大します

クリーンルームにて薄膜試料作製中

修論・卒論テーマ

  • (修)Nd3-xBixFe5-yGayO12薄膜の歪みによる誘導磁気異方性の評価
  • (修)有機金属分解法を用いて作製したCoフェライト薄膜の断面TEMによる評価
  • (修)円偏光変調法を組み合わせたアパーチャレス走査型近接場磁気光学顕微鏡の開発

博士後期課程修了者数 1名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 北陸電気工業
  • 東栄科学産業
  • フォーラムエンジニアリング
  • 村田発條
  • 富士通コンポーネント
  • 太平洋特殊鋳造
  • 中外炉
  • 曙ブレーキ
  • MST 材料科学技術振興財団
  • FDK
  • TDK
  • 国家公務員(警察庁)
  • ジャムコ
  • マーレフィルターシステムズ
  • 日立金属
  • 理研精機
  • 古河電池
  • ルネサスエレクトロニクス
物質材料工学専攻 M1 長久保 洋介(サレジオ高専出身)