学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

14
前のページ 次のページ

エネルギー材料科学研究室

産学融合特任准教授/白仁田 沙代子

産学融合特任准教授白仁田 沙代子

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 化学エネルギーの有効利用
  • エネルギーの安定貯蔵に向けて!
  • 何事もポジティブに

うちの先生

クリックで拡大します

白仁田 沙代子 先生
2016年10月からの新しい研究室です。専門は電気化学と触媒化学です。

研究内容

化学エネルギーの有効利用を目指し研究しています。化学エネルギーは反応させて利用することと、逆に、化学エネルギーを長期的に安定貯蔵することが求められています。そこで、早く反応させるための触媒材料を用いて、材料表面で起こる単分子レベルの吸着脱離反応を表面増強赤外分光装置にて、リアルタイムで観測しています。一方、安定貯蔵には化学物質が反応しない材料が必要です。ステンレス鋼の高安定化により、エネルギー安定貯蔵、具体的にはリチウムイオン二次電池の集電体材料への応用研究を進めています。

クリックで拡大します

表面増強赤外分光装置による観測の様子

研究室の一日

修論・卒論テーマ

  • 新設研究室のため実績なし

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 新設研究室のため実績なし
物質材料工学専攻 産学融合特任准教授 白仁田 沙代子