学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

3
前のページ 次のページ

都市・社会基盤計画研究室

教授/中出 文平  准教授/樋口 秀  助教/松川 寿也  技術職員/相田 久夫

教授中出 文平

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

准教授樋口 秀

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教松川 寿也

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧

技術職員相田 久夫

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 計画無きところに開発無し
  • 持続可能なまちづくり
  • よく学びよく遊ぶ

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

中出 文平 先生・樋口 秀 先生・松川 寿也 先生
私たちの研究室では、中出先生、樋口先生、松川先生が学生を指導しています。それぞれ順に、都市郊外部の研究、中心市街地の研究、都市計画区域外の研究を主に扱っており、ゼミ等では様々な視点から的確なアドバイスが頂けます。

研究内容

長岡市を始めとする多くの地方都市では、人口減少・高齢化に加え、中心市街地の衰退や無秩序で散漫な市街地の拡大が見られます。そこで私たちは中心市街地を活性化させる方策や、郊外の適正な土地利用コントロール手法に着目し、地方都市の都市計画のあり方を検討しています。一例として、これまで有効な土地利用コントロール手法を有していなかった区域に、新たに都市計画区域を指定する場合、自治体にとって何が課題で、どうすれば対応できるのか、実際に業務を担った自治体などと協力しながら模索しています。

クリックで拡大します

学部4年生地区カルテ演習での現地調査の様子(2015.5)

研究室の一日

私たちの研究室にはコアタイムがありません。ここは都市“計画”の研究室ですから、自分の研究は自分で計画・行動し、前進させます。
資料の分析や地理情報システム(GIS)での解析、現地でのフィールドワークやヒアリング調査等、研究内容によってやるべきことは様々です。週1回のゼミでは、担当者が研究の進捗状況を発表し、全員で議論します。他大学との合同ゼミも毎年開催します。
また、「よく学びよく遊ぶ」の精神に基づき、皆で都市を体感する研究室旅行、歓送迎会やボウリング大会など、多様な行事があります。

クリックで拡大します

他大学(豊橋技科大・東北大・山口大・千葉大)との合同ゼミの様子(2014.11)

修論・卒論テーマ

  • (修)人口減少下での今後の都市計画区域のあり方に関する研究
  • (修)線引き地方都市における居住誘導区域の設定に関する研究
  • (修)高齢者単独世帯の居住状況と孤独死の実態に関する研究
  • (修)地方都市における固定資産税収の将来予測と市街地集約化の効果に関する研究
  • (修)特定用途制限地域の指定のあり方に関する研究

博士後期課程修了者数 6名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 新潟県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 花巻市
  • 富山市
  • 東北地方整備局
  • 東京都住宅供給公社
  • JR東日本
  • 玉野総合コンサルタント
  • 八千代エンジニヤリング
  • 復建エンジニヤリング
  • パスコ
  • 大日本コンサルタント
  • ドーコン
  • 新潟交通
  • 福田組
  • 第四銀行
  • 日立ビルシステム
環境社会基盤工学専攻 M2 丸岡 陽(香川高専出身)