学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

3
前のページ 次のページ

生物資源工学研究室

教授/小笠原 渉  助教/志田 洋介

教授小笠原 渉

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧

助教志田 洋介

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 微生物を活用する ~バイオリファイナリー社会を目指して~
  • 微生物から学ぶ ~発酵に秘められた驚くべき微生物機能~
  • 研究の舞台は学会、そして世界

うちの先生

クリックで拡大します

小笠原 渉 先生・志田 洋介 先生
小笠原研究室には、髭がトレードマークの小笠原先生と、車好きの大阪人、志田先生がいます。イベントが大好きで、研究室旅行や飲み会では学生と研究議論に花を咲かせています。時に厳しく、時に優しく私たちを指導してくれる自慢の先生たちです。

研究内容

微生物は様々なものを分解することができ、古来から、この力を活かして発酵食品が作られてきました。小笠原研究室では、このような微生物の力を理解し、応用するための研究を行っています。
糸状菌(カビ):植物バイオマスを分解することができる糸状菌について、分解酵素の生産メカニズムの研究を行い、それを利用した高効率バイオマス分解酵素生産株の開発を行っています。また、バイオマスからオリゴ糖を生産する酵素の開発も進めています。
酵母:油脂を細胞内に蓄積することができる酵母を利用し、高付加価値な食用油脂生産の生産を目指しています。また、セルロース繊維を一瞬で凝集させてしまう酵母についてその機能解析を進めています。
細菌:歯周病原菌、多剤耐性菌に対する薬剤を開発するために、JAXAおよび他大学と共同で細菌が生産するタンパク質分解酵素の研究を進めています。
微生物の研究を進める上で、表現型の理解が不可欠であり、レーザー顕微鏡を駆使した形態観察、ゲノム情報を活用したバイオインフォマティクスに取り組んでいます。

クリックで拡大します

右上:カビの菌糸、左上:油脂酵母、
左下:世界で初めて明らかにしたプロテアーゼの構造、右下:最新顕微鏡

研究室の一日

朝10時には全員が登校しそれぞれの研究テーマに関する実験を行います。研究は自由に進めることができますが、研究計画は先生を交えて密にミーティングを行い、その方向性を決めます。研究室には博士研究員や博士課程の先輩がいますので、研究について様々なアドバイスをもらうことができます。一人で研究に行き詰まるということはありません。また、他の研究機関や大学との共同研究を通して多くの研究者や学生と交流し、情報交換を行っています。研究成果は国内外の学会や論文として発表し、高い評価を受けています。
研究室には留学生も多く、自然と英語を使う機会が増えます。また、海外の大学で実務訓練を行う機会もあり、国際感覚を養うことができます。
精一杯楽しみ、精一杯研究することが小笠原研究室のモットーであり、夏冬の研究室旅行、ソフトボール大会、大民踊流し、長岡花火鑑賞会、不定期飲み会などイベントも盛りだくさんです。

クリックで拡大します

研究ミーティング:日本語と英語でディスカッション

修論・卒論テーマ

  • (修)糸状菌Trichoderma reesei におけるpH依存的セルラーゼ生産機構の解明
  • (修)変異育種による油脂酵母Lipomyces starkeyi の油脂生産性向上因子の探索
  • (修)糸状菌Trichoderma reesei 由来セルラーゼ分解細胞外プロテアーゼの同定
  • (博)Trichoderma reesei の形態・比較ゲノム解析に基づくセルラーゼ高生産化機構の解明
  • (博)Pesudoxanthomonas Mexicana WO24 のタンパク質分解システムの解明

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 電化生研
  • 明治製菓
  • タカラバイオ
  • 岩塚製菓
  • 静環検査センター
  • 中外製薬
  • 雪印種苗
  • 三井造船環境エンジニアリング
  • 極東貿易
生物機能工学専攻 M1 NGUYEN LE QUYNH ANH(盛岡情報ビジネス専門学校出身)