学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

9
前のページ 次のページ

環境微生物工学研究室

准教授/笠井 大輔

准教授笠井 大輔

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 微生物の可能性を追求
  • 知り、育て、環境浄化と資源循環に利用する
  • 目指せ!微生物の声を聞く!!

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

笠井 大輔 先生
笠井先生はとても優しい先生で、私たちが疑問に思ったことを、いつもわかりやすく解説していただいています。また、1つの疑問に10の知識を教えていただけるので勉強になります。最後に、先生の歌う尾崎は最高です!

研究内容

当研究室では、微生物機能を利用した環境負荷の低い汚染浄化と廃棄物処理、ならびに有価物生産技術の開発を目指して、ユニークな物質変換能を持つ微生物の発掘に取り組んでいます。さらに、それら微生物の遺伝子や酵素、ゲノム構造を分子レベルで解析し、物質変換システムの構築に必要な知見を得ることを目的として日々研究しています。
1)ゴム廃棄物を有価物へと変換するための微生物変換系の開発
2)難分解性化合物を分解できる微生物の分解メカニズムの解明

クリックで拡大します

目には見えませんが、頼もしい存在です

研究室の一日

私たちの研究室はAM10:00から始まります。講義がある時間は講義を受け、それ以外の時間は研究室で実験を行います。現在は、先生や先輩方のご指導のもと基礎研究を行いながら技術を学んでいます。
ゼミでは、論文の輪読を行なっています。輪読をしながら、論文の読み方やその論文の解説を教わり理解を深めています。
私たちの研究室は平成28年度に新設されたため、研究方法やゼミの仕方などは先生と話し合いながら決めている最中です。環境微生物工学、笠井研究室をこれから一緒に盛り上げてくれる方大歓迎です!

クリックで拡大します

先生直々に実験を教えていただいている様子

修論・卒論テーマ

  • 新設研究室のため実績なし

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 新設研究室のため実績なし
生物機能工学課程 B3 佐藤 里咲(秋田高専出身)