4
前のページ 次のページ

理論生命科学研究室

講師/西山 雄大

講師西山 雄大

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 生命と世界の関わり=インタフェース
  • 部分と全体の両義性
  • 異質性と潜在性

うちの先生

クリックで拡大します

西山 雄大 先生
2017年4月に長岡技術科学大学にやってきました。総合研究棟6階にいますので、気軽に遊びにきてください。

研究内容

わたしたちの研究室では、環境変化や未知の状況に対する生物の新奇な振る舞いを引き出す実験的・理論的研究を行っています。現在、人の身体所有感や空間知覚といった全体性が本質的に分離困難な様々な感覚からどのように生じるのか、動物集団のまとまりは個々の自由な振る舞いと両立するのか、適応的な行動が無効化されたとき生物はどのように振る舞うのか、などといったテーマで研究をしています。種々雑多な印象ですが、どれも生命と世界の関わり=インタフェースをうかがい知る手段であり、工学的な意味でのインタフェース概念を拡張するのに役立ちます。

クリックで拡大します

研究テーマによっては、野外で実験をすることもあります

研究室の一日

2017年度にできた新しい研究室です。まだ人数が少ないですが、そのぶん伸び伸び過ごせると思います。たまに他の研究室のゼミや飲み会に合流させてもらっているので、参加したい人は自由に参加してください。研究テーマに関しては、特に対象は問わないので、みなさんの興味関心を気兼ねなくぶつけてもらえれば幸いです。生命と世界との関わり=インタフェースは、つかみ所がありません。だからこそ立ち止まることなく、あの手この手でアプローチする意義があります。とりあえずやってみましょう。

クリックで拡大します

他研究室と合同で新歓を行いました

修論・卒論テーマ

  • 新設研究室のため実績なし

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 新設研究室のため実績なし
情報・経営システム工学専攻 講師 西山 雄大