学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
10
機械創造工学 課程・専攻

精密加工・機構研究室

教授/磯部 浩已

教授磯部 浩已

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 超音波振動を機械加工に!
  • 光弾性法による加工現象の可視化
  • 超音波による難削材の精密加工実現

うちの先生

磯部 浩已 先生
非常に学生思いの先生です。基本的に自主性を重んじている研究室ですが、学会前の発表練習やゼミの時には真摯になって聞いてくれます。お酒が大好きで、飲み会でも仕事の話はしない楽しい先生です。また船釣りもしています。

研究内容

超音波振動を工具に付与することで、切削・研削抵抗低減効果があることが明らかにされている。これにより、ガラスやセラミックスなどの硬脆材料の加工が可能になるため、加工現象を光弾性法により、明らかにする。さらに、二次元切削という単純化された加工により、超音波振動切削の加工機構を解明する。また、超音波振動を加工に利用するにあたり、被削材に対する振動は加工面に工具刃先の振動軌跡が転写され、凹凸が創成される。この凹凸が加工面に付加価値をつけると考え、機能性を究明している。

光弾性法を利用した被削材内部応力分布の撮影

研究室の一日

本研究室のコアタイムは8:00~17:00(積雪時、9:00~18:00)。
ゼミは毎週あり、8:00からあります。
月曜日は勉強ゼミで、担当者が選んだ資料をみんなで読解します。
火曜日から木曜日にかけて各研究テーマでわかれ、一週間の進捗報告があります。
金曜日は文献ゼミで、担当者が選んだ論文を担当者が発表し、質疑応答をします。
このように、ゼミは実質毎日あり非常に大変ですが、個人的に1か月に1回の場所などに比べると内容も多く求められず楽で、計画的に研究が進みやすいです。なにより、毎週発表なので発表がうまくなります。

朝ゼミの様子

修論・卒論テーマ

  • (卒)テープ研磨における超音波振動援用の効果
  • (修)応力複屈折計算による3次元光弾性体の透過画像再現システムの開発
  • (修)ガラスのダイヤモンド研削加工における超音波振動加工現象の研究

博士後期課程
修了者数

1

こんな研究機関、企業に就職しました

  • アンリツ
  • マザック
  • ミツトヨ
  • 長岡歯車製作所
  • 日本製紙
  • FANUC
  • オーエム製作所
  • 新日鐵住金
  • 太陽工機
  • 住友重機械工業
  • 本田技研工業
  • DMG森精機
  • 日本精機
  • 東京ガスエンジニアリング
  • オークマ
  • JFEスチール
  • Canon
  • BOSCH
機械創造工学専攻 近藤 礼皇(秋田高専 出身)