学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
18
機械創造工学 課程・専攻

先端軽金属材料研究室

産学融合特任講師/中田 大貴

産学融合特任講師中田 大貴

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 鉄の25%!超軽量なマグネシウム
  • “モノづくり”から“評価・解析”まで、一貫した研究開発
  • 興味を持ったら行動!好きなときに、好きなことを

うちの先生

中田 大貴 先生
学生部屋に居るときは、学生と談笑します。研究内容・結果に対しては妥協せず、厳しい指摘を受けることもありますが、壁にぶつかったときには、親身になって相談を受けてくれます。

研究内容

近年、輸送機器に軽量化が求められ、超軽量なマグネシウム(密度:鉄の25%、アルミニウムの67%)は、国内外で注目を集めています。長岡技術科学大学には、マグネシウム合金の実用化を強く推進するために設立された高性能マグネシウム工学研究センターがあります。本研究室では、高性能マグネシウム工学研究センター設置の装置を使い、溶解・鋳造や展伸加工などの“モノづくり”はもちろん、その後の“評価・解析”まで行います。さらに、マグネシウムの実用化を目指した国家プロジェクトや企業との共同研究先にも選ばれるなど、実用化に近いところで、責任を持って研究に専念できます。

新しく開発した押出し用マグネシウム合金の利用例
(新幹線のダブルスキン構体)

研究室の一日

自由な研究室です。コアタイムは無く、研究室に来る時間も個人に任されています。さらに、高性能マグネシウム工学研究センターには、マグネシウムの溶解・鋳造設備やプレス機・圧延機などの"モノづくり"に特化した装置から、"評価・解析"用の顕微鏡類など、多くの実験機器があり、いつでも利用可能です。自由とはいえ、ゼミの時に、自分の出したデータに関する理解がないと、厳しい指摘を受けます。ただ、このような指摘も、自分に足りない部分を知ることができ、研究の進め方を見直すいい機会となります。

学会での1コマ。国内外の学会で、成果を発表しています。

修論・卒論テーマ

  • (修)Mg-Al基合金圧延材の集合組織形成メカニズム解明
  • (修)マグネシウム合金押出材の高延性化および異方性低減
  • (修)ヘテロ構造型Mg-RE基合金押出材の超高強度化

博士後期課程
修了者数

12

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 住友電気工業
  • 信越化学工業
  • 東芝マテリアル
  • 日立ハイテクサイエンス
  • 工機ホールディングス
  • 日立金属
  • 東陽理化学研究所
  • ダイキン
  • 日本金属
  • タダノ
  • 大同特殊鋼
  • アーレスティ
  • 川崎重工業
  • 神戸製鋼所
  • 日立製作所
  • 黒田精工
  • スズキ
技術科学イノベーション専攻 菊池 海斗(長岡高専 出身)