学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
19
機械創造工学 課程・専攻

高温材料研究室

教授/南口 誠

教授南口 誠

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 材料物理化学
  • LocalからWorldwideまで
  • 生木に花咲くに驚け!

うちの先生

南口 誠 先生
南口先生は面白い先生で、よく昼休みに楽しい世間話で笑わせてくださいます。研究の話では学生に厳しく指導してくだります。研究の進め方やプレゼンのやり方など、社会に出てから必ず役立つ素養を愛の鞭をもって叩き込んでくださいます。

研究内容

南口研の研究テーマの一部です。
【パルス通電焼結】
粉末材料を焼き固めることにより様々な材料を作製します。作製したサンプルの評価試験を行って研究を進めます。
・MAX相セラミックス:セラミックスと金属の両方の性質を兼ね備えたユニークな材料の研究です。
・透光性セラミックス:ガラスの代替品として期待されている、透明セラミックスの研究です。
【固体潤滑】
月面で使われる車両に応用する固体潤滑の研究です。月では油が使えません。なので油の代わりとして部品に表面処理を施すことで潤滑の役割を果たします。

パルス通電焼結(高専や海外の大学から学生が実験しに来ることもあります)

研究室の一日

研究室のコアタイムは8:00~17:00です。進捗ゼミは朝に行い、月に1回の頻度で当番が回ってきます。朝ゼミの後は各自の予定で研究に取り組みます。進捗ゼミ以外に週に1回論文ゼミがあります。
研究室には留学生が何人かいるので、国際コミュニケーションが何気なく経験できます。また、飲み会やイベントが多い研究室なので、イベントの企画力も鍛えることができます。少しハードな研究姿勢が求められますが、社会に出たときに一歩リードできる実力が身につくことは間違いないと思います。

イベントのアイデアだしを行っている風景

修論・卒論テーマ

  • (修)溶融したSUS304-B4Cにおけるジルカロイの高温腐食挙動
  • (修)Cr2O3焼結体の機械的特性に及ぼす環境の影響
  • (博)Yttrium Silicate Ceramics Dispersed with SiC Particles for Self-Healing Environmental Barrier Coating Applied to Si Based Ceramic Matrix Composites

博士後期課程
修了者数

8

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 名古屋工業大学
  • 日本原子力研究開発機構
  • 日本軽金属
  • ユニオンツール
  • オーエム製作所
  • 日本板硝子
  • 大同特殊鋼
  • 花王
  • 日本自動車研究所
  • メイテック
  • ミツバ
機械創造工学専攻 竹内 薫(津山高専 出身)