学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
21
機械創造工学 課程・専攻

ナノ・原子レベル解析研究室

准教授/本間 智之

准教授本間 智之

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 人のために生活をして、己のために生活せざるを工学の本体とす
  • 研究で成長し、社会との関わりを学ぶ
  • ナノスケールの世界へ

うちの先生

本間 智之 先生
多くのテーマを同時に研究されており、ナノスケールの解析も積極的に触れ、多忙な先生ですが、普段は優しく、フレンドリーで学生一人一人と向き合い丁寧なご指導をして下さいます。とても面倒見がよく、研究で行き詰まった際にはいつも的確なアドバイスが頂けます。

研究内容

本研究室ではナノ・原子レベルでの材料組織観察を行い、材料特性の評価を行っています。また、組成や熱処理条件等を変化させ組織制御を行うことで、機械的性質の向上を目指しています。現在研究で使用している材料は、Ni基超合金、Ti合金、Al合金および熱電変換材料です。材料の観察や分析には様々な装置を使用して行うため、それらの装置を使えるようになって、就職する際にすごく有利だと思います。また、本研究室では企業や他大学との共同研究を行っており、学会にも積極的に参加しています。

透過型電子顕微鏡により撮影したMnReSi熱電変換材料の原子レベル像

研究室の一日

基本的に9:00~18:00に研究を行います。週一回進捗報告会がありますが、二つの班に分けているため、月二回進捗報告を行います。修士生はプレゼン資料を英語で作成しますが、発表は日本語でも可能です。研究では、試料準備をする必要があり、研磨や熱処理や焼結などがあります。その後、様々な顕微鏡で観察を行い、解析・分析を行います。このような研磨技術や解析技術、装置使用方法などは優しい先輩が丁寧に教えてくれるので安心してください。

研究室内の普段の様子

修論・卒論テーマ

  • (修)微細氷を用いたクリープ変形に伴うひずみの定量化
  • (修)時効硬化型Ti-Fe-Zr-B合金の強度-延性バランスの改善
  • (修)CoSi熱電変換材料へのSn添加の影響

博士後期課程
修了者数

0

こんな研究機関、企業に就職しました

  • (株)アーレスティ
  • 住友電気工業(株)
  • マツダ(株)
  • 大同特殊鋼(株)
  • アイホン(株)
  • YKK AP(株)
  • 日立金属(株)
  • (株)ツガミ
  • (株)アクシスマテリア
  • 東芝マテリアル(株)
  • 三菱自動車(株)
  • レンゴー(株)
  • ユニオンツール(株)
  • (株)木村鋳造所
  • 日鉄物流(株)
  • (株)ダイヤメット
  • 日本軽金属(株)
  • 工機ホールディングス(株)
技術科学イノベーション専攻 Amalina Aina Binti Kaharudin(University Kuala Lumpur, Malaysia 出身)