学生が書いた 研究室ガイドブック 2023長岡技術科学大学

前のページ 次のページ
25

環境・プロセスデザイン研究室

教授/中山 忠親

教授中山 忠親

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • ナノ秒パルスパワーを使って不可能を可能に
  • ロボットやAIを活用した新たなシステムの開発
  • 最先端のセラミックス材料開発でテクノロジーを創造

うちの先生

中山 忠親 先生
学生の希望に合わせて、さまざまなチャンスをくれる先生です。国内外の学会、企業との共同研究、海外インターンなどの機会もあります。また、先生自ら「全力で遊び、全力で研究する」を体現し、ソフトボール大会では練習のために球場を貸し切って全力で取り組みます。

研究内容

本研究室は世界でもトップレベルの充実した研究環境が整っており、1)環境技術、2)環境・プロセスデザイン、3)ナノ秒技術、4)3Dナノテクノロジー、5)新規プロセス開発の5つのテーマに取り組んでいます。さらに新規材料の創成・特性評価・企業と連携した商品化までの一連の研究を自らの手で遂行でき、最先端の研究に携わることができます。
〈最近の主な研究対象〉
「次世代ドローン」、「ナノ秒パルス回路」、「IoTシステム開発」、「感触センサーのロボット応用」、「燃料電池製造プロセス」

アメリカでの国際学会発表

研究室の一日

本研究室では、自主性を重んじており、コアタイムはありません。学生自らが実験計画から遂行までを考え、実践するため実行力が身に付きます。本研究室の特徴として、留学生が多数在籍しており、英語でコミュニケーションをとることもあります。非常にグローバルな研究室といえます。
企業との共同研究も活発で、学生が商品化の最先端開発に携わることが可能です。
国際学会への参加はもちろんのこと、学会の企画・運営にも携わることができ、研究以外の能力を磨くこともできます。

研究室対抗のソフトボール大会は全力参加です

修論・卒論テーマ

  • (修)自己治癒機能を有するセラミックスエンジン用耐環境コーティングの開発
  • (修)廃熱回生用電気回路システムの設計と試作
  • (修)非鉛圧電体を利用した熱電変換材料の創成
  • (修)レーザーCVDとナノレベル3Dプリンタを用いたセラミックス3次元構造体の合成
  • (博)ナノ秒パルス電場を用いた汚水水質浄化手法の開発

博士後期課程
修了者数

13

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 花王
  • 三菱電機
  • パナソニック
  • 信越化学工業
  • 日立化成
  • 大王製紙
  • 大日本印刷
  • リコージャパン
  • 豊田合成
  • 日野自動車
  • JX金属
  • 新日鐵住金エンジニアリング
  • 東レエンジニアリング
  • 住友電気工業
  • 電力会社(東京・東北・北陸)
  • 豊橋技術科学大学
  • 釧路高専
  • 阿南高専
機械創造工学専攻 鈴木 広大(長岡高専 出身)