学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
28
機械創造工学 課程・専攻

マイクロ・ナノプロセス応用研究室

准教授/溝尻 瑞枝

准教授溝尻 瑞枝

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 新規微細加工技術の創製
  • 「小さな」加工で「大きな」成果
  • 真摯にアクティブに研究に取り組む

うちの先生

溝尻 瑞枝 先生
溝尻先生は学生の面倒見が良く、研究室によく来てくれて研究の困っていることをいつでも相談でき、的確に指導いただけます。また、フレンドリーで、学生の気持ちをよく理解し、とても優しい雰囲気の先生です。

研究内容

本研究は、極めて短時間でエネルギーを供給可能なフェムト秒レーザなど特徴的な「光」を使い、最先端な微細加工プロセスとマイクロデバイス作製への応用に取り組んでいます。具体的には①大気中3次元金属構造を作製(3次元微細プリント)とマイクロデバイスへの応用②細胞観察デバイス③高感度・高分解能磁区観察という研究テーマを行っています。次世代の微細加工技術のための技術革新的な研究であり、将来の社会への貢献が期待できる研究です。

(a)加工用に合成したナノ材料、(b)レーザ描画装置、(c)薄膜熱電発電デバイス、(d)磁区画像

研究室の一日

本研究室ではコアタイムはなく、各自で自分の時間を管理して自分の計画で研究を進めています。一週間2回の進捗ゼミと英論ゼミがあり、パワーポイントにまとめて発表します。そこで発表内容について他の学生や先生が質問し、相談しながら研究を進めています。そのため、まとめる力、発表力を伸ばせ、自分の知識を深めていけます。また、研究で困ったときに早く対応するため、各自の個別打ち合わせも行っています。国内外学会発表の機会が多いので自己成長に役に立ちます。研究以外飲み会、研究旅行なども行ってメンバーの親睦を深めています。

共同研究のためSaint Petersburg State UniversityからいらしたDr. Ilya Tumkinのプレゼンを聞いてる様子

修論・卒論テーマ

  • (卒)マイクロフレネルレンズを付与したフレキシブル熱電発電デバイスの作製
  • (修)自己配列を利用した高感度磁区観察用ナノ粒子プラズモンフィルタの作製
  • (修)近赤外太陽光発電のためのマイクロフレネルレンズの作製および発電性能評価
  • (修)Cu2Oナノ粒子のグリーンフェムト秒レーザ還元を利用したCu系微細構造の作製

博士後期課程
修了者数

0

こんな研究機関、企業に就職しました

  • コニカミノルタ(株)
  • アルプスアルパイン(株)
  • 秀和建設(株)
  • 村田製作所(株)
  • 日本電子(株)
  • 三菱ケミカル(株)
  • 小川コンベヤ(株)
技術科学イノベーション専攻 HA PHUONG NAM(ハノイ工科大学 出身)