学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
5
電気電子情報工学 課程・専攻

電力変換研究室

准教授/芳賀 仁

准教授芳賀 仁

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 電力変換システム全体を包括的に考えて高性能化を実現
  • 実験結果を出してから、なぜ出たか理由を考える
  • 気合の百か条

うちの先生

芳賀 仁 先生
芳賀先生は本学出身であり、パワーエレクトロニクスを専門とされています。「気合」をモットーに、学生に対しても熱い想いで指導してくださいます。また、同窓会やソフトボール大会などの活動にも積極的に参加するパワフルな先生です。

研究内容

パワーエレクトロニクスとは、電力を自在に変換し、電気を最適に扱うための技術です。芳賀研究室では、パワーエレクトロニクスを専門に、「蓄電デバイスの応用」「モータドライブ」「電力変換器のレス化技術」を重点に研究しています。研究成果は、主に産学連携を通じて、家電・自動車・電源装置の応用に貢献しています。
研究は、実機実験を中心に行い、問題点の調査と、新しい回路方式や制御法の有効性を確認しています。国内外の学会および関連企業にて発表し、議論を重ねることで研究成果の高度化を図っています。

モータ実験装置

研究室の一日

芳賀研究室では、学生の「自律」を尊重しており、コアタイムはなく、研究スケジュールを自由に立てている学生が多いです。そのため、アルバイトやサークル活動などの両立も可能です。週1回の報告会では、学生の研究進捗を確認し意見交換を行います。
午 前:実機実験やシミュレーション検討
昼休み:お昼ご飯は学食・売店・手作りお弁当などスタイルは様々。
午 後:実験結果のデータ整理や考察、理論検討
 夜 :アルバイトやサークル活動など、自分の時間に。
また、ジンギスカン会・スキー旅行などのイベントもあります。

実機製作を行う作業室

修論・卒論テーマ

  • (修)IHインバータの高調波を用いた局所解脱出法による出力電力範囲拡大に関する研究
  • (修)Triple Active Bridgeコンバータのゼロ電圧期間を挿入した直流偏差抑制法
  • (修)直並列切り替えを用いた 6アームDABコンバータによる 軽負荷効率の改善に関する研究
  • (修)単相入力電解コンデンサレスデュアルインバータのトルク脈動抑制に関する研究
  • (修)二重三相IPMSMの磁気干渉を考慮したモデル予測制御による電流高速応答化

博士後期課程
修了者数

0

こんな研究機関、企業に就職しました

  • アルプスアルパイン
  • LG Japan Lab
  • ダイキン工業
  • デンソー
  • 東芝キヤリア
  • 本田技研工業
  • 三菱電機
  • 明電舎
  • 菱電社
電気電子情報工学専攻 大野 友幹(苫小牧高専 出身)