学生が書いた 研究室ガイドブック 2021

8
前のページ 次のページ
電気電子情報工学 課程・専攻

応用波動光学研究室

  • クリックで拡大します
教授/小野 浩司  助教/坂本 盛嗣  技術職員/野田 浩平

教授小野 浩司

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教坂本 盛嗣

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

技術職員野田 浩平

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 光機能性材料を用いた高度光制御デバイスの実現
  • 試料作製&光学実験&理論解析を一貫して行う
  • 電磁波・光波工学を主軸とした幅広い技術を身に付けよう!

うちの先生

クリックで拡大します

小野 浩司 先生
研究の進め方や報告書の書き方、効果的なプレゼンテーション方法などを丁寧に教えてくださいます。また、先生は企業での研究経験もお持ちで、将来的に役立つような研究開発の周辺知識も話してくださいます。

研究内容

電磁波・光波制御技術は、情報通信における光情報処理、工場での測定試験など私たちの生活を支えている基盤技術です。本研究室では、主に液晶などの光機能性材料を用いた光制御について研究しています。具体例として、液晶回折格子を使った偏光イメージングに関する研究、光渦という特殊な光を使ったナノオーダー微細加工に関する研究があります。他にも、電磁波・光波に関する多くの研究に取り組んでいます。
光波に関する研究がしたい方、物理(電磁気含)や化学が好きな方にとっては最適の研究室です。

クリックで拡大します

(左)液晶回折格子の外観と(右)その回折像

研究室の一日

本研究室では、基本的に各人のペースで研究を進めることができます。活動内容は日によって様々ですが、試料作製や光学実験、理論解析を行います。ゼミは毎週水曜日朝9時にあり、研究で得られた結果の報告・議論や光に関する論文の紹介、学会発表練習を行います。日頃の研究活動やゼミを通して、研究開発に必要な知識や考え方、プレゼンテーション能力を涵養します。研究を進めていけば行き詰まる事もありますが、研究室の先生方や先輩方にアドバイスをもらう事によって円滑に研究を進められます。

クリックで拡大します

作製した試料を干渉顕微鏡によって測定する様子。試料の厚さをレーザ光を使って測定します。

修論・卒論テーマ

  • (修)偏光回折素子の設計・作製と偏光カメラへの応用
  • (修)3次元配向した液晶中の特異偏光伝搬と光学的非線形性の影響
  • (修)トポロジカル光波による光反応性液晶の光配向およびその波面・偏光変換特性
  • (博)光架橋性高分子液晶の高度光配向制御技術を用いた異方性フォトニック液晶素子

博士後期課程
修了者数

5

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 神戸市立工業高等専門学校
  • 群馬大学
  • セイコーエプソン
  • 日本光電工業
  • リコー
  • 林テレンプ
  • ミツトヨ
  • 北海道電力
  • 凸版印刷
  • アドテックエンジニアリング
  • 北越紀州製紙
  • 島津メディカルシステムズ
  • フジキン
  • 富士通フロンテック
  • テクノプロデザイン
  • アンリツエンジニアリング
  • ニチコン
  • 日本ハム惣菜
電気電子情報工学専攻 百﨑 龍成(佐世保高専出身)