学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
10
電気電子情報工学 課程・専攻

表界面デバイス研究室

教授/木村 宗弘  助教/勝部 大樹  技術職員/豊田 英之

教授木村 宗弘

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教勝部 大樹

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

技術職員豊田 英之

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 次世代ディスプレイを目指します!
  • 鉛蓄電池のさらなる高性能化への発見!
  • 真空中で原子レベルの観察!

うちの先生

木村 宗弘 先生
木村先生は毎日学生居室に顔を出してくれるため、研究に関する相談などがとてもしやすいです。また、やりたい実験で材料、実験装置が不足している時はすぐに準備してもらえるため研究活動に集中できる環境です。

研究内容

液晶ディスプレイは、テレビやスマートフォンなど様々なディスプレイに応用されており、私たちの生活に欠かせないものとなっています。木村研究室は、それらの液晶ディスプレイに関する研究を行っています。主なテーマとしては、液晶ディスプレイの光学的評価・解析及びその手法の検討、シミュレーションソフトを用いた液晶分子の配向観察、印刷法による液晶分子の配向制御などを行っています。最近では原子間力顕微鏡や真空装置を用いた研究にも力を入れており、鉛蓄電池や無機材料についても幅広く研究を行っています。

印刷法を用いたフレキシブル液晶セル

研究室の一日

普段は先生や学生同士でディスカッションをしながら、研究を行っています。週に1回ゼミがあり、研究の進捗報告と研究に関連した英語論文の紹介をします。ゼミでは研究の新たな方向性を見出したり、先生方から貴重なアドバイスをいただいたりする時間です。またM1時には英語で書かれた液晶の教科書をみんなで読み合う英語輪講があります。アルバイトやサークル、研究室のみんなで昼食を食べに行くなど自由に過ごす時間もあり、自分のペースに合わせて研究を行うことができる、とても過ごしやすい研究室です。

原子間力顕微鏡による表面観察

修論・卒論テーマ

  • (修)分子動力学シミュレーションを用いた混合液晶の配向に関する研究
  • (修)ナノロッド添加液晶の配向に関する研究
  • (修)フレクソエレクトリック係数評価のための単色エリプソメトリの製作
  • (修)透過変更解析による光配向膜の配向膜および極角アンカリングエネルギー評価
  • (修)周波数変調方式原子間力顕微鏡による鉛蓄電池負極近傍の希硫酸中in-situ測定

博士後期課程
修了者数

11

こんな研究機関、企業に就職しました

  • ニラコ
  • 東レエンジニアリング
  • 凸版印刷
  • DENSO
  • パナソニックシステムソリューションズジャパン
  • ジャパンディスプレイ
  • Merck
  • NECディスプレイソリューションズ
  • JFEテクノリサーチ
  • 日立造船
  • キャノン
  • キャノントッキ
  • 不二越
  • 東芝ホームテクノ
  • 日本ケミコン
  • 日本信号
  • イトーキ
  • タムロン
技術科学イノベーション専攻 今村 優希(鹿児島高専 出身)