学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
23
電気電子情報工学 課程・専攻

空間映像メディア研究室

准教授/圓道 知博

准教授圓道 知博

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 仮想空間と現実空間をつなぐ
  • 「面白いもの」を作りたい!
  • 百聞は一見に如かず。実機を作ってデモしよう!

うちの先生

圓道 知博 先生
圓道先生はとても親しみやすい先生で、研究やそれ以外の相談も親身になって聞いてくれます。また普段から雑談をしたりと学生と距離が近く、プライベートな悩みや話題についてもよく話します。

研究内容

本研究室では主に以下の3つの分野の研究を行っています。
・3Dディスプレイ
多人数が裸眼で見ることができる3Dディスプレイやヘッドアップディスプレイを提案しており、ディスプレイに透過性を持たせることで実物体と重ねて表示することも可能です。
・可視光通信
目に見える光を用いた無線通信技術で、車載カメラと信号機間や、スマートフォンと電光掲示板間の通信を行うシステムを提案しています。
・カメラ
瞬時に撮影方向を変えられる望遠カメラ、全方向の3D映像を同時に撮影できるVR用カメラなどを研究しています。

世界初の球形3Dディスプレイです!自分で実機を作って実際に動かすような研究ができます!

研究室の一日

本研究室ではコアタイムはなく、好きな時間に研究することができます。ゼミは可視光通信とディスプレイそれぞれのテーマで分かれていて、また論文を読み紹介し議論するゼミもあります。普段はそれぞれの研究をしていますが、研究が行き詰ると学生同士や先生も交えたりしながらよくホワイトボードの前で議論しています。また現在は状況的に難しいですが、以前はゼミが終わった後にみんなで食事にいったり、定期的に飲み会をしたりと上下関係、横の関係ともに非常に良い研究室です。

研究室の様子です。テーマについて話し合っています。

修論・卒論テーマ

  • (修)微小ミラーアレイを用いた透過型虚像ディスプレイの研究
  • (修)回転ミラースキャナアレイを用いた透明3Dディスプレイ
  • (修)分光スクリーンを用いた波長多重化3Dディスプレイの研究
  • (修)イメージセンサ通信における光源点滅の位相と画素値との関係を用いた通信手法の研究
  • (修)深層学習を用いたイメージセンサ通信における送信機像の位置検出

博士後期課程
修了者数

0

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 三菱電機
  • キヤノン
  • 本田技研工業
  • 日本テキサス・インスツルメンツ
  • ダイハツ工業
  • パイオニア
  • 日野自動車
  • 鹿島建設
  • JRシステム
  • 村田製作所
  • キヤノンイメージングシステム
  • 日本精機
  • NECソリューションイノベータ
  • 日立ハイテクソリューションズ
  • 日立ソリューションズ
  • 菱電社
  • アズビル
  • PFU
電気電子情報工学専攻 中島 澪司(新潟県立新井高校 出身)