学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
6
物質材料工学 課程・専攻

高分子材料化学研究室

教授/竹中 克彦  助教/戸田 智之  技術職員/宮 正光

教授竹中 克彦

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教戸田 智之

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

技術職員宮 正光

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 昨日までの世界にないものを目指して -新しい高分子材料への挑戦-
  • モノマー合成から重合反応まで
  • ガラス細工による重合反応装置の作製

うちの先生

竹中 克彦 先生
竹中先生はとても面倒見がいい、学生思いな先生です。研究に行き詰まった時などは助言をくれたり、一緒に考えてくれるのでとても頼りになります。また、とてもアクティブな先生でBBQなどのイベントが大好きです。

研究内容

本研究室は、モノマー合成から重合までの研究を行っています。「1,3-ブタジエン」をキーワードとし、様々な官能基を有する「1,3-ブタジエン」類モノマーを合成し、アニオン重合、ラジカル重合、金属錯体触媒重合などの重合方法により高分子を合成します。モノマーと重合方法によって、得られる高分子のミクロ構造、分子量が違うため、高分子の物性も大きく異なります。合成と重合を通じて、昨日までの世界にないものを目指して新しい高分子材料の開発に挑戦しています。

グローブボックスの作業風景。この中で酸素に触れてはいけない化合物などを扱います。

研究室の一日

私たちの研究室は毎週月曜日の朝礼から始まります。朝礼では先週までの研究の進捗状況、実験計画の報告を行うので、やるべきことを明確にして毎週実験に取り組むことができます。また、高分子化学や研究に用いる測定器具の原理に関する英語ゼミ、雑誌会も定期的に行われ、先生や学生全員でディスカッションを行うことで自分の実験への理解をより深めることができます。高分子合成、錯体触媒に興味のある方、ガラス細工をしてみたい方もぜひ私たちの研究室に足を運んでみてください。

ガラス細工風景。難しい作業ですがアニオン重合には必須の技術です。

修論・卒論テーマ

  • (修)[PN]配位子を有するジルコニウム錯体の合成とエチレン重合活性評価

博士後期課程
修了者数

8

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 三井化学
  • トクヤマデンタル
  • 日本精機
  • 高圧ガス工業
  • 東洋ゴム工業
  • 住友化学
  • 日立化成工業
  • 日置電機
  • 共同カイテック
  • 東レ
  • メルテックス
  • 積水化成品工業
  • 高研
  • 川口化学工業(株)
  • (株)ポラテクノ
  • 三菱マテリアルテクノ(株)
  • 検査開発(株)
  • テイ・エステック
物質材料工学専攻 安達 佳祐(長岡高専 出身)