学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ
15
生物機能工学 課程・専攻

高分子機能工学研究室

准教授/木村 悟隆

准教授木村 悟隆

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 研究内容は高分子や有機化学に近いです。
  • 時間の縛りなく自分のペースで実験が出来ます。
  • 多種多様な機器で分析します。

うちの先生

木村 悟隆 先生
カラオケが大好きな愛妻家です。非常に話が大好きで、豆知識などもたくさん教えてくれます。化学系だけでなくコンピュータ関連にも強いので、自分のパソコンの不調の相談にも乗ってもらえるため安心です。研究の進め方やプレゼン方法など、丁寧に教えてくれます。

研究内容

天然高分子を中心に、生物機能を模倣した新規材料の開発と、その基礎研究を行っています。代表的な2つのテーマを紹介します。
1.綿布の光漂白
地元の「小国和紙」の「雪晒し」をヒントにして、環境に優しい綿布の漂白法を企業と共同して研究しています。特許申請も行い、実用化に向けて開発を続けています。
2.高分子ブレンドの構造解析
種の高分子からなるブレンド中の水素結合の様式を、最新の情報理論により図式化しようと取り組んでいます。

楮皮の雪晒し

研究室の一日

コアタイムは基本的に10時から17時です。毎週ゼミがあり持ち回りで研究進捗や呼んだ論文の紹介が行われます。また修士の2年間で1回は学会に参加します。
研究テーマは各自で独立しているためテーマ内容や自分の生活スタイルに合わせて研究活動することが出来ます。コアタイムが設定されていますが、朝方の人、夜型の人など様々な人が研究に取り組んでいます。
実験の息抜きや昼休憩には、気の合う仲間でお喋りや遊びを楽しむこともあり、研究室は明るく穏やかな雰囲気で、メリハリのある研究室生活を送っています。

高分子学会にて

修論・卒論テーマ

  • (修)綿布の光漂白に関する研究
  • (修)和紙の紫外線照射による影響

博士後期課程
修了者数

0

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 富士通PFU
  • 有澤製作所
  • アキレス
  • タケショー
  • ポラテクノ
  • 大日本印刷
  • 北陸ガス
  • カツラギ工業
  • アドバンテックエンジニアリング
  • 巴川製作所
  • 荒川化学工業
  • エビナ電化工業
  • ユシロ化学工業
  • ソリマチ
  • 井関農機
  • JR東日本
  • 江差信用金庫
  • 電気化学工業
生物機能工学専攻 鯉渕 礼門(茨城高専 出身)