学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
14
物質材料工学 課程・専攻

機能ガラス工学研究室

准教授/本間 剛

准教授本間 剛

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 結晶化ガラスの可能性
  • 次世代二次電池材料と全固体電池の創製
  • とにかくチャレンジしてみる

うちの先生

本間 剛 先生
本間先生は、高専から本学に進学され、一度企業にご就職されました。その後、本学に戻られ、本研究グループにてご指導なさっています。とても自然に学生と接してくださり、研究室のイベントにも積極的に参加する親しみやすい先生です。

研究内容

ガラスは、紀元前から人間社会に欠かせない材料として使われてきました。現代ではガラス容器、板ガラスに限らず、最先端のIT社会を支えるディスプレーや光ファイバもガラスでできています。当研究室では未来社会の構築に資する、機能性新規ガラスおよびガラスセラミックスの創製、プロセス開発に基づく研究に取り組んでいます。近年では、レアメタルを用いない酸化物セラミックスから構成される全固体ナトリウムイオン電池の開発に産学共同で開発に成功しています。

ガラス作製(上)電池作製(中)全固体Naイオン電池でプロペラを駆動する様子(下)

研究室の一日

本間先生は学生の自主性を尊重されています。そのため、本研究室はゼミの時間以外に拘束時間はなく、学生が自分のペースで研究を進めます。きちんと自己管理できる学生であれば、非常に有意義な研究生活が送れます。ゼミは、研究の進捗報告(2週に1回)、論文紹介英語ゼミ(週1回)、機械学習ゼミ(週1回)があります。研究の進捗報告は、先生と1対1で行うため、時間をかけてディスカッションすることができます。研究室では様々なイベントを開催しており、学生同士もとても仲が良いです。

技大マラソンに参加した様子(上)研究室の共用デスクで談笑している様子(下)

修論・卒論テーマ

  • (修)Na2MgP2O7-Na2FeP2O7擬2成分系ガラスの結晶化機構の解明
  • (修)Na2O-MgO-SiO2系ガラスの結晶化と電気伝導性の評価
  • (修)遷移金属イオンを高濃度に含有する透明結晶化ガラスの創製
  • (修)酸化物全固体電池に資するリン酸鉄ナトリウムのレーザー誘起構造変化

博士後期課程
修了者数

0

こんな研究機関、企業に就職しました

  • AGC(株)
  • セントラル硝子(株)
  • 日野自動車(株)
  • 古河マグネットワイヤ(株)
  • DOWAホールディングス(株)
  • シャープ(株)
  • (株)フォノン明和
  • 旭ダイヤモンド(株)
  • 太陽誘電(株)
  • SMK(株)
  • (株)日立パワーソリューションズ
  • BOSCH JAPAN
  • 豊田合成(株)
  • 日医工(株)
エネルギー・環境工学専攻 平塚 雅史(群馬高専 出身)