学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
7
環境社会基盤工学 課程・専攻

水圏防災工学研究室

教授/細山田 得三  准教授/犬飼 直之  技術職員/山本 浩

教授細山田 得三

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

准教授犬飼 直之

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

技術職員山本 浩

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 河川・海岸・海洋を探究!
  • 実験・解析・現地踏査で多角的に検討!
  • 自分のペースで自分の目標へ!

うちの先生

細山田 得三 先生・犬飼 直之 先生
両先生ともに学生の自主性を尊重し、学生の裁量で研究の決定・進行ができます。無論、研究に関して相談すれば、親身になって的確なアドバイスをしてくれます。細山田先生はギター、犬飼先生はダイビングが趣味という隠れた一面もあります。

研究内容

本研究室では水の動きや力に関する研究を行っています。河川工学分野においては洪水氾濫・河口密度流・河口砂州・河川流、海岸工学分野では津波・越波・離岸流・海浜流・遡上波などを取り扱っています。これらに関する学内の大型の開水路を用いた実験や日本海沿岸での現地踏査を行います。また、物理モデルだけでなく統計モデルや機械学習モデルを用いた解析を行います。本研究室は実験、解析設備が充実しており、様々な検討ができます。土木技術だけでなく情報処理技術に関心があり、積極的に勉強したい人におすすめです。

河川氾濫流の解析結果

研究室の一日

研究テーマによって過ごす場所が異なります。本研究室では学生用の部屋、計算用のPC演習室、水理実験室、大型実験棟のいずれかで作業を進めます。コアタイムは無く、各員の進捗や講義によって自由に進められます。
ゼミは指導教員ごとに分かれ、研究の進捗報告だけでなく勉強会も兼ねており、積極的に新たな知見・技術を取り入れる機会となっています。

解析に用いるPC

修論・卒論テーマ

  • (卒)落差工の浸透破壊に関する実験的研究
  • (卒)河川落差工形状の浸透流への影響に関する研究
  • (修)防波堤越流水脈の落水位置が防波堤背後施設に与える影響
  • (修)ADCPを用いた銭函海岸の地形および流況把握
  • (修)人工知能技術の河川ハイドログラフへの適用手法に関する研究

博士後期課程
修了者数

7

こんな研究機関、企業に就職しました

  • パシフィックコンサルタンツ
  • 清水建設
  • 五洋建設
  • 建設技術研究所
  • JR東日本
  • JR東海
  • 東京建設コンサルタント
  • 建設コンサルタント(株)エコー
  • クレアリア
  • 千葉県庁
環境社会基盤工学専攻 久々江 耀平(群馬高専 出身)