学生が書いた 研究室ガイドブック 2021

3
前のページ 次のページ
情報・経営システム工学 課程・専攻

アンビエント生体医工学研究室

  • クリックで拡大します
  • クリックで拡大します
  • クリックで拡大します
教授/野村 収作

教授野村 収作

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • アンビエント・フィードバック・システム
  • ストレスの定量評価
  • 適応的な環境制御技術の創出

うちの先生

クリックで拡大します

野村 収作 先生
語学力:英語、スペイン語が堪能
 人柄:面倒見の良い先生です。研究室に来た時、必ず全員に声をかけてくれます。
また、就職活動を全面的にバックアップしてくださり、序盤から後半まであらゆるアドバイスをいただきました。

研究内容

本研究室では、音・映像・香りなどの周囲の環境が人間に与える影響を評価する研究および、物理環境を人為的に変化させた際の人間への影響を評価する研究を行っています。
具体的には、生体情報を反映したVR映像や音楽テンポの変化が視聴者に与える影響、毛髪や爪から抽出されたホルモンによる長期的なストレス、呼吸に連動して姿勢を変化させるベッドによる人間への影響などを評価しています。

クリックで拡大します

VRを使用した実験風景

研究室の一日

1)研究時間
本研究室ではコアタイムがなく、各自の裁量で時間を定めています。学生の多くは昼前から夜まで研究をしています。実験が多いため、研究室に学生が少ないこともしばしば…
2)研究室の雰囲気
研究室の雰囲気は良好です。研究グループごとの垣根も低く、研究で困ったことがあればみんなで助け合います。自由で和気あいあいとした研究室です。
3)研究室イベント
研究室では、定期的にBBQなどの食事会を開きます。慰労と親睦を兼ねたもので、他学年との距離も縮めることができます。

クリックで拡大します

データ解析をしている様子

修論・卒論テーマ

  • (卒)オーラルケア用品の生理効果に関する基礎研究
  • (修)心拍動をフィードバックしたヴァーチャルリアリティ映像の生理効果
  • (修)音楽―心拍バイオフィードバックシステムの生理効果
  • (修)オーラルケア用品のストレス抑制効果
  • (修)呼吸-姿勢フィードバックを実現するベッドの開発

博士後期課程
修了者数

4

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 野村総合研究所
  • キヤノン
  • KDDI
  • コロプラ
  • パナソニック
  • マツダ
  • アルプスアルパイン
  • NTTコムウェア
  • NTTテクノクロス
  • NTTデータアイ
  • NTTファシリティーズ
  • メビウス
  • ワコール
  • NEXCO西日本
  • ThreeBond
情報・経営システム工学専攻 酒井 脩(大島商船高専出身)