学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
5
技術科学イノベーション 専攻

水圏土壌環境研究室

教授/山口 隆司  准教授/牧 慎也  助教/Nur Adlin Binti Abu Bakar

教授山口 隆司

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

准教授牧 慎也

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧

助教Nur Adlin Binti Abu Bakar

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 省エネ・低コスト型水処理技術
  • 最新技術を駆使した環境中の微生物の解明
  • 世界の水環境問題を五感で学ぶ

うちの先生

山口 隆司 先生
山口先生は様々な研究フィールドで活動され、私たちに良い経験の機会を与えてくださいます。先生は私たちの相談事を親身に聞き、的確なアドバイスを与えてくださり、私たちの活動へのモチベーションを高めてくださいます。

研究内容

私たちの研究室で主に水をきれいにするための研究を行っています。具体的には、下水や工場廃水を微生物の力を利用して水をきれいにします。また、省エネ・低コスト型水処理技術を開発しています。同様に、水処理に関わる微生物についてDNAやRNAなどといった分子生物学的な視点からのアプローチも行い、マクロな視点とミクロな視点の画面から水処理メカニズムを解明しています。このように培った水処理技術は、国内だけにと止まらず、発展途上国をはじめとした世界における水環境問題に対する解決策として役立てています。

クエの養殖で使っている水処理設備

研究室の一日

私たちの研究室では、まず自分で考えることを第一に、教員や先輩等の助言をもらいながら、進めていきます。自由度が高い一方、自己管理のもとワークライフバランスを実現しています。大学内のみならず国内外の大学や企業と共同で研究をする機会もあります。また、ソフトボール大会等のイベントもあり、8月に行われる長岡花火大会は研究室の一大イベントとなっています。研究室内には様々な国からの留学生も在籍しており、普段の日常から世界を意識する環境になっています。

昨年の忘年会での集合写真

修論・卒論テーマ

  • (修)嫌気性処理による難分解性ポリマー含有廃水の処理特性評価
  • (修)作物品質障害抑制に関わる無機成分が植物に与える環境要因の解明
  • (修)微細藻類-細菌共生系プロセスとバッフルドリアクターによる新規窒素除去システムの開発
  • (修)都市下水処理MBRを用いた低有機物負荷運転において水温変化が水質および微生物叢変化に及ぼす影響評価
  • (修)立体型メッシュ担体を用いた回転ろ床法による都市下水処理

博士後期課程
修了者数

39

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 日水コン
  • オルガノ
  • NJS
  • 大林組
  • 不動テトラ
  • 関西ペイント
  • 三機工業
  • 日鉄住友環境
  • クボタ
  • 栗田工業
  • 明電社
  • 日立造船
  • 長岡市
  • 新潟市
  • 長岡技術科学大学 博士後期課程 進学
環境社会基盤工学専攻 桑原 大輝(長岡高専 出身)