• HOME
  • 新着情報
  • 平成21年6月
  • 小笠原産学融合特任准教授が、第10回酵素応用シンポジウム研究奨励賞を受賞しました。
本文ここから

小笠原産学融合特任准教授が、第10回酵素応用シンポジウム研究奨励賞を受賞しました。

更新日:2009年6月29日

 酵素応用シンポジウムでは、産業界に影響を与える可能性の高い酵素の応用研究に対して研究奨励賞を授与しています。小笠原産学融合特任准教授は、食料と拮抗しないセルロース系バイオマスから、次世代バイオ燃料生産、バイオリファイナリー産業創生に重要な酵素及び微生物開発の基礎研究を進めています。
 今回の受賞テーマ「バイオリファイナリー産業創生を目指した糸状菌Trichoderma reeseiの菌株改良」は、産学融合トップランナー養成センターにおいて進めている研究テーマであり、その学術的成果が当該分野において高く評価され、今回の受賞が決定いたしました。
 表彰式は6月12日にメルパルクNAGOYA(名古屋市)にて執り行われました。


表彰される小笠原産学融合特任准教授(左)

お問い合わせ

大学戦略課 企画・広報室
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9209 FAX:0258-47-9010