• HOME
  • 新着情報
  • 平成30年8月
  • 未来材料と生産技術に関する日印二国間シンポジウム(Indo Japan Bilateral Symposium on Futuristic Materials and Manufacturing)を開催しました。
本文ここから

未来材料と生産技術に関する日印二国間シンポジウム(Indo Japan Bilateral Symposium on Futuristic Materials and Manufacturing)を開催しました。

更新日:2018年8月7日

 7月16日(月曜)、17日(火曜)の2日間、インド工科大学マドラス校(インド)において、「未来材料と生産技術に関する日印二国間シンポジウム:情報統合化社会に向け(Indo-Japan Bilateral Symposium on Futuristic Materials and Manufacturing 2018: Toward the World of Materials Informatics)」を開催しました。本シンポジウムは、情報統合化社会に向けた未来材料と製造に係る両国の研究および教育交流の推進のため、本学とインド工科大学マドラス校が共同で開催したものです。16日(月曜)は、インド工科大学マドラス校Bhaskar Ramamurthi学長および本学東学長の挨拶の後、基調講演および研究発表が行われました。17日(火曜)の研究発表では、実務訓練等でインド工科大学マドラス校に留学した本学学生および学生交流で本学に留学したインドの学生が、留学中から継続的に実行しているそれぞれの研究の成果を発表し、併せて、交流を行いました。18日(水曜)には、本シンポジウムに関連してワークショップ「コーティングと応用(Thermal Spray Coatings and Applications)」を行いました。3日間で日印両国の大学、研究機関、企業等から約290名の方々のご参加をいただき、盛大に開催されました。
 参加者からは、本シンポジウムの内容を発展させ、日印間のさらなる共同教育および共同研究を推進したいとするご意見を多くいただき、今後の発展につながるシンポジウムとなりました。

日印二国間シンポジウムの様子1

日印二国間シンポジウムの様子2

お問い合わせ

大学戦略課 企画・広報室
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9209 FAX:0258-47-9010