本文ここから

羽山徹彩准教授が国際会議IIAI2021でHonorable Mention Awardを受賞しました。

更新日:2021年7月20日

情報・経営システム工学専攻 羽山 徹彩准教授が、IIAI International Congress on Advanced Applied InformaticsよりHonorable Mention Awardを受賞しました。
受賞の対象となった論文は「Topic model based Estimation of Passive Twitter-User’s Interests from Followed Users’ Tweets」です。10th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics情報科学のあらゆる側面(理論、応用、ツール)に関する実験、新たなアイデア、研究成果を共有する学際的な国際会議であり、は7月11日から16日にオンラインで開催されました。本賞は、査読結果が上位の論文に対して授与されます。

【受賞内容の概要】
インターネットを介したサービスでは各ユーザの嗜好に関連した情報を推薦するために、ソーシャルネットワークサービス(SNS)のコンテンツに基づいたユーザモデリングが用いられています。これまでの研究では、SNS上で積極的に発言するユーザを対象に、その興味を推定する手法が開発されてきましたが、情報収集のみを行う消極的ユーザに対しては興味を推定する手がかり不足のため、ほとんど研究されてきませんでした。
本研究では、積極的ユーザに対する技術転移をもとに、消極的ユーザ向けのトピックモデルベースの興味推定手法を開発し、その有効性を確認しました。