本文ここから

犬飼直之准教授が第二管区海上保安本部より感謝状を授与されました。

更新日:2021年8月23日

環境社会基盤工学専攻 犬飼直之准教授が、第二管区海上保安本部海の安全推進室より、海岸工学の研究分野での知見を活用した調査指導や現象の理論的説明および水難事故防止のための啓発活動に対しての感謝状を授与されました。

【受賞内容の概要】
海上保安庁では、毎年の海開き前に、利用者数が多い海岸や水難事故が発生した海岸などを対象に現地調査を実施していますが、作業内容を報道機関へ公開するとともに、水難事故防止のための注意事項とあわせて報道していただくことで、視聴者に水難事故予防を広く認知していただくための活動をしています。
犬飼准教授は海岸工学での専門知識を活用して、過去3年間にわたり東北を管轄する第二管区内における4県6海岸での調査に協力し、それぞれの海岸での流れの特徴や注意点を把握するとともに、それを海上保安庁および報道などに分かりやすく解説することで水難事故防止のための啓発活動に貢献したことが評価され、今回の授与となりました。


右が犬飼准教授


お問い合わせ

大学戦略課 企画・広報室
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9209 FAX:0258-47-9010