本文ここから

ユネスコチェアプログラム「技学SDGインスティテュート」

プログラム概要

GSI

「技学SDGインスティテュート」とは、これまで本学で培われてきた先駆的な工学教育(産学連携を基礎とした長期インターンシップや海外学術交流等)を更に進展させるもので、東学長のリーダーシップの下、SDGsをエンジニア教育の根幹とすることで、更なる工学系高度化教育プログラムを達成し、大学間連携から世界に拡大していこうとするものです。

プログラムの背景

視野を世界に広げ持続可能な発展を目標とするエンジニア教育が必要とされ、特に国際的相互理解と協調の精神により地球社会の持続的発展に貢献するという教育が重要となります。本学は1976年の設立以来、教育理念「技術科学(技学=Gigaku)」に関する創造的能力の啓発を目標とし、1万人以上の創造的エンジニアを輩出しており、高い就職率を実現し国際的にも高い評価を受けています。また、SDGsの発見と解決に特化した、学生主体の国際会議「STI-Gigaku」を毎年度開催するなど、学生自らが世界課題に対する教育研究活動を実践できる状態となっています。

ユネスコによるプログラム認定

「技学SDGインスティテュート」は、2018年にユネスコから「UNESCO Chair on Engineering Education for Sustainable Development」として日本国内の工学系大学初のユネスコチェアプログラムに認定を受けました。また、2019年には本プログラムのSDGs貢献と実践的技術者育成の理念に賛同した6か国9機関とともに、ユネスコに「ユニツインプログラム」の設立を申請しました。

ユニツイン(UNITWIN)/ユネスコチェア(UNESCO Chair)プログラム

知識の共有と連携・協同を通じて、高等教育機関および研究機関の能力向上を図るために、国際的な共同教育と大学間ネットワークを推進するプログラムをユネスコとの協定に基づき設置するもので、1992年の開始以降116ヶ国700以上の機関が参加しています。
ユネスコチェアは、大学等のユニットでの設置が可能で、ユニツインは、複数国に所在する複数の高等教育機関および研究機関から形成されたネットワーク全体としてユネスコと協定を締結します。
本学が申請した「技学SDGインスティテュート」は、ユネスコチェアプログラムに認定されており、産学連携と国際連携をベースとした、創造力とSDGs達成に向け貢献する意識を備えた実践的エンジニア教育システムの構築を推進しています。本学は、これらの教育上の基本的な考えを共有するパートナー大学と共同して、ユニツインプログラムに申請中です。

技学SDGインスティテュートのプログラム全体図

GIGAKU SDG Instituteのプログラム全体図

1.SDGエンジニアコース:
本学のSDGsに対する取組の中核となる教育プログラムである、学部-修士一貫コース。国内外に広がる派遣先の企業等における実務訓練を、企業や社会が直面するSDGs関連課題に現場で直接触れて認識する重要な機会と捉え、大学院進学後に実務訓練で触れたSDGs課題の解決をテーマとして研究に励む学生も少なくありません。

2.GIGAKUイノベーションプログラム:
大学院の修士-博士一貫プログラム。学生は国際会議STI-Gigakuの企画・運営の主体となっているほか、本学における地域等でのSDGs普及・啓発活動を牽引しています。さらに、ジャパン・ビジネス・コンペティションコンテストにSDGs達成に資する事業を提案し優秀賞を受賞するなど、研究成果を社会実装し、ビジネスを通じSDGs達成に貢献する高い意欲も有しています。

3.SDGプロフェッショナルコース:
大学院社会人留学生を対象とした特別コース。主に発展途上国出身の学生に先進的・実践的な工学教育とSDGs教育を実施し、母国のSDGs課題解決を先導する人材の育成に寄与することを目指します。本コース生を対象に、りそなグループが引き受けるSDGs私募債からの寄附を原資とした奨学金制度が創設され、SDGs教育機会の拡大に貢献しています。

お問い合わせ

大学戦略課 SDGs・プロジェクト推進係
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9021 FAX:0258-47-9020