本文ここから

深才下宿貸間組合から「学問の木」が贈呈されました。

更新日:2019年5月17日

本学の学生専用の賃貸住宅を取り扱う深才下宿貸間組合(組合長:江口信義様)から学問の木が贈呈され、5月15日に本学にて記念植樹式を挙行しました。

これは、同組合から、新元号「令和」がスタートしたことを受け、本学が学問の府としての地位を一層高められるよう願いを込め、記念樹が寄贈されたものです。
この学問の木の学名は「カイノキ」というウルシ科カイノキ属の落葉高木で、中国の孔子廟に約2500年前から弟子たちにより受け継がれ、「儒学の聖木」または「模範の木」とも呼ばれて親しまれてきたものです。日本では、旧足利学校や、憲法施行50周年記念樹として国会議事堂前庭にも植樹されています。
本学学生や教職員もこの木とともに大きく成長し、世界の技術科学を先導する実践的教育研究の世界的拠点として教育研究活動を展開して参ります。

東学長
記念植樹式で挨拶する東学長

植樹する大学・組合関係者らの写真
植樹する大学・組合関係者ら


記念植樹式に出席した 本学及び組合関係者らの写真
記念植樹式に出席した本学及び組合関係者ら


お問い合わせ

大学戦略課 企画・広報室
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9209 FAX:0258-47-9010