本文ここから

地元(深才地区)の町内会長等との「地元懇和会」を開催しました。

更新日:2021年12月15日

12月10日(金曜)、地元(深才地区)の町内会長等との「地元懇和会」を開催しました。

本会は大学と地元が連携協力することで、大学運営に寄与するとともに、地域住民の福祉の向上と環境の整備を図ることを目的として、開学して間もない昭和54年から毎年開催し、今年で42年目を迎えました。
地元側からは深才地区の山崎連合町内会長、下宿・貸間組会の江口組合長ほか地域の代表者、また、長岡市から茂田井市民推進部長よりご出席いただきました。懇和会では最初に長岡市及び地元側からご挨拶いただき、その後、鎌土学長から大学の現況報告が行われ、引き続き意見交換を行いました。
本学の現況報告では、工学部・工学研究科の改組やNHK学生ロボコン2021の全国優勝をはじめとする最新のトピックスの紹介を行いました。
意見交換では、学生のゴミの分別と収集日の厳守や通学時の交通マナーなど地域と大学が協力して行っていくことが確認されるなど、活発な交流となり、有意義な懇和会となりました。


懇和会の様子