本文ここから

学部卒業式・大学院修了式(令和2年8月)を挙行しました。

更新日:2020年8月26日

8月24日(月曜)に、本学A講義室において学部卒業式・大学院修了式(令和2年8月)を挙行しました。

学部7名、大学院修士課程28名、大学院博士後期課程17名が学位を取得しました。また、当日は新型コロナウイルス感染症の拡大防止、3密防止の観点から卒業者・修了者及び学内関係者のみで式典を執り行いました。

なお、学長の告辞は次のとおりです。


卒業生、修了生の諸君おめでとうございます。

本日ここに学士7名、修士28名、博士17名に学位を授与しました。

諸君の長年の研鑽と、その成果に敬意を表し、心からお祝いを申し上げます。併せて、長年にわたって諸君を支え、見守ってこられた、ご家族の方々に、心よりお礼とお祝いを申し上げます。本日の卒業式にはコロナ禍での入国制限で再入国できず出席できない諸君も居ますが、この場からお祝いを申し上げます。

留学生の諸君は、故国を遠く離れ、言語・文化の異なるところでの、生活、学習には大きな苦労があったことと思います。幾多の困難を乗り越えて、今日の日を迎えられましたことに敬意を表します。

本学には世界中約30か国から留学生が来ています。広く海外の地から集まった文化の異なる多くの人たちと出会い、そして議論し、様々な文化があり、価値観があることを勉強し、友情を築いたとおもいます。そこで得た友人は諸君のこれからの人生でかけがえのない財産となります。そしてこの長岡の地は、青春期の故郷として、諸君の心に長くとどまることと思います。

さて、新型コロナ感染症で社会が大きく、急速に変わり始めました。人工知能やロボットの発展で社会が変わり始めようとしていたところでしたが、このコロナ禍により人々のライフスタイル、価値観、行動様式が大きく変化しています。そして、あらゆる分野においてデジタル化が加速しています。

人間社会は人と人との会合でコミュニケーションを深め、学習し、自らとそして社会を発展させてきました。この新型コロナウィルスは、この人類の能力の核心部分を攻撃してきました。感染症による災害はこれまでにも警告されてきましたが、このような形には準備を怠っていました。今回のウィルスはやがて収まるでしょうが、今後将来にわたって感染症による災害は続くだろうと思います。

社会活動を維持するには、これまでの常識や慣習を大きく変えていく必要があります。リモート化によるデジタル革命が一気に進み、リアルとバーチャルの融合した世界がやって来るでしょう。これまでの経験からこの先を予測することはもはやできなくなっています。

諸君は、他大学に例を見ない、独自の教育システムを持つこの大学で、高度な教育を受け、実践の現場での学びの過程を通して、「考え出す力」を育んできました。自ら研鑚に励んだ諸君は、大きな自負と誇りを持って、新しい世界に臨んでください。本学で諸君が獲得した大きな力は、専門的な知識や技能だけでなく、「考え出す力」であり、「未来を予測し、未来を創る力」です。そのためには、異分野の融合による新分野開拓、異種技術の統合による新技術開発、さらには自然科学、人文社会科学の境界を越えた協働が必要になります。また、今回のような事態に対応した社会のあり様や人類の未来について、幅広い視点を獲得する必要があります。諸君は未来を創造するため、異なる文化や多様な価値観を受け入れ、融合し、新しい価値や文化を創造して行って下さい。諸君は、これから人類の持続可能な幸福な未来社会を設計し、切り拓く指導的技術者としての活躍が期待されています。

20世紀に驚異的に進展した科学技術は、農水産業の生産性を向上させ、工業を発展させました。その結果、環境破壊と資源の枯渇、地球温暖化と異常気象を引き起こしました。そして今回のような感染症災害は温暖化の影響でさらに増加すると言われています。地球環境問題や感染症問題だけでなく、経済格差の増大による貧困と不平等の深刻化、食糧危機、安全保障、人権問題など、持続可能な未来社会のために、これらを解決して行かなければなりません。

長岡技術科学大学は、技学SDGインスティテュートとして、またゴール9のハブ大学として、産業界と連携し、持続可能な社会を実現する、イノベーション創出を目指します。中南米、アジア、欧州、アフリカなどの海外拠点校と協働して、産学官融合キャンパスを構築し、グローバルに活躍する技術者・研究者の育成と研究開発・新産業創出を世界規模で行う事業を進めてまいります。

これから諸君は、技学のDNAとVOSの精神を持った指導的技術者あるいは研究者として世界の人々のために貢献されるよう望みます。

最後に、諸君が、夢と志と勇気をもって、グローバルに活躍されることを祈念し、お祝いの言葉といたします。おめでとうございました。


令和2年8月24日

長岡技術科学大学長 東 信彦



学長挨拶の様子


学位を授与される修了者


お問い合わせ

大学戦略課 企画・広報室
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9209 FAX:0258-47-9010