セレクションポリシー

プログラムの概要

 本プログラムは、産業界、海外連携拠点と連携し、SDGsの解決に資する「材料科学」と「電力工学(具体的には制御工学とパワーエレクトロニクス)」をコアとした全ての産業の根幹をなす「ルートテクノロジー」の知のプロフェッショナルを養成することを目的として、博士課程5年間の一貫教育を行います。
 本学が開学以来培ってきた実務訓練制度(長期インターンシップ)などの実践教育とグローバル連携教育を発展させた「グローバル超実践教育」の下で、情報システムに精通したタフでイノベーティブな人材に成長できます。「グローバル超実践教育」の狙いは、『自ら学ぶ「アクティブラーニング」を超え、チームをリードし、問題解決を実証する体験を通じて、失敗をしつつもそれを克服する過程を世界中の現場で積むこと』です。
 本プログラムでは、例えばヨーロッパの企業の企画部門における企業全体のマネージメントの体験や、中小企業やこれらが集合して構成される「複合共同工場」などにおける工場長補佐の体験を想定しています。皆さんの個性やスキルを活かし、それぞれの現場においてリーダー的な立場での実践を行うこともできます。失敗しても構いません。失敗こそが成功の素です。

 本プログラムでは、「持続可能モビリティコース(自動車、電車、航空機産業)」、「スマートファクトリーコース(生産技術、材料プロセス産業)」、「クリーンものづくり(環境、エネルギー、省力生産産業)」の3 つのコースを設け、皆さんが選択したコースにおける専門教育に加えて、博士人材として自らの拠り所となる独自の学術領域の「学術領域開拓力」、付け焼刃でなく向上し続けることの出来る「先端IT 能力」、多様な人材ネットワークを生かしながら未踏領域を開拓できる「先駆的人間」、産業界で求められる課題を企画提案(プロデュース)し、解決できる「社会実装実践力」の4 つの能力を身に着けるための実践的科目を履修します。
 本プログラム生は、5年一貫制博士課程 技術科学イノベーション専攻入試の合格者の中からセレクションによって選抜されます。

 

応募資格

次の各号に掲げる事項のいずれにも該当する者。

  • 博士の学位取得まで5年一貫制の教育研究プログラム(修士修了は不可)を希望する者
  • 企業や海外機関での長期インターンシップ等を通じて自身の能力を高めることを希望する者
  • 新産業を創造できるタフでイノベーティブなプロフェッショナルを目指す者、そして、その実践の場として、産業界への就職、又は、会社等の起業を目指す者
  • 学内から応募する場合は本学指導予定教員、学外から応募する場合は現指導教員から推薦が得られる者