本文ここから

長岡技術科学大学におけるSDGsの取組

SDGsの17のロゴマーク

長岡技術科学大学は、SDGs達成につながる活動を積極的に取り組んできました。一見、工学系大学とSDGsは無関係なように見えますが、実際のところ非常に深く関係しています。
例えば、環境汚染の問題は、最新の技術や研究により改善することができます。私たち、長岡技術科学大学は、自己の技術科学の発展だけに目を向けていてはいけない、世界のあらゆる問題の解決に協力するべきだと考えます。
具体的にどのような活動をしてきたかというと、地域の特産物をテーマに産業の活性を目的としたSDGsアイデアコンテスト、子ども向けSDGs教育教材の開発、SDGs達成につながる研究を発表する国際会議(STI-Gigaku)の開催等です。
このような活動が国連からも高く評価され、2018年、国連からアカデミック・インパクトSDGs ゴール9(産業と技術革新の基盤を作ろう)の世界ハブ大学に任命されました。各ゴールにつき1つのハブ大学が選ばれています。東アジアで選ばれたのは本学のみ、全世界で17大学だけです。3年間の任期の間、新しい技術の開発を一層強化し、世界の人々に役立つ安定した産業化の促進の模範となる大学として責任を持ち、取り組んでいきます。


Twitter・Facebook

本学のSDGsに関する取組の情報はSNSでも発信しています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Twitter

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。@nagaokaut_UNAI



外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Facebook

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。@NUTSDG9

お問い合わせ

大学戦略課 SDGs・プロジェクト推進係
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9021 FAX:0258-47-9020