本文ここから

宮下剛准教授が優秀技術研究開発賞を受賞しました。

更新日:2021年3月22日

環境社会基盤工学専攻 宮下剛准教授が、令和2年度新道路技術会議・優秀技術研究開発賞を受賞しました。
受賞の対象となった研究は、平成29年から3ヵ年にわたり、国土交通省道路局・新道路技術会議「道路政策の質の向上に資する技術研究開発」で実施されたものです。研究終了後の事後評価を通じて、道路橋示方書の改定に向け、部材レベルでの塑性化を考慮した鋼桁設計法の開発の方向性を示し、今後に向けた道路政策の質の向上に貢献する成果が得られたことから、優れた技術研究開発として表彰されました。


参考:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国土交通省ホームページ(令和3年3月現在)